読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅田真央ちゃんに、あらためてありがとう♡

f:id:sakuramiyuki:20170414123139j:plain

 

人生の節目で、

何度も何度も勇気づけられてきた

浅田真央選手が、このたび、

現役引退を決意されました。

 

最近、テレビをまったく点けなくなって

いた私も、発表の翌日は、

「特番」の噂を聞きつけてスイッチオン。

 

最初の日の「特番」は、まだ

「本人不在」のまま、つなげた感があり、

呼ばれた松岡修造さんも、目がパチクリ。

言いたいことをガマンし、

どこか、納得しきっていないようす…

 

でも、翌日の「特番」は、

とても良かったです!

浅田真央26歳の決断 〜今夜伝えたいこと」

 

子供の頃からずっとインタビューを受け、

信頼してきたという、東海テレビ

渡辺克樹さんという方が聞き役で、

真央ちゃんは番組内でも「かっちゃん」と

親しく呼びかけていました。

 

実はこの方は、平昌オリンピックでの

浅田選手の活躍ぶりを放映する日を楽しみに

ずっと、浅田選手の密着取材を続けてきた方。

 

それが、ここでまさかの引退…

 

でも、だからこそ、本音も、笑みも、涙も、

交えながらの心温かいインタビューと

なったのですね。

 

しかもインタビューが行われたのは、

引退会見の数時間前。

 

あの引退会見で「晴れやかな気持ちです」と、

真っ白なスーツに身を包んだ浅田選手の笑顔、

美しさは、氷上の演技と同じように、

胸に刻まれましたよネ。

 

ああ、真央ちゃんってば、最後まで

なんて男前なの…

 

でも、その数時間前のインタビューの中で、

渡辺克樹さんは、

ちゃんと食い下がっていてくれました。

 

「でも… まだ、できるんじゃない?

 まだ滑れるんじゃない?」と。

 

そうなのです。やっぱり、そこです!!

 

私もこれまで、個人的には「大丈夫!

絶対に真央ちゃんは大丈夫!」と言い切って

平昌オリンピックでの姿を楽しみにして

きましたが、メディアでは「浅田選手不調」

という報道ばかりが取り沙汰され、そんな中で

なんとなく、今回の引退はしょうがないのか…

と思った部分もありました。

 

でも、番組内で流れた、浅田選手自身が自分で

引退を決める引き金となったと話した、

昨年2016年末の「全日本選手権」の演技の

映像を見たとき、 

 

正直なところ、あらためて思いました。

 

「うまいよ! 

 

 …うますぎる!

 

 ここで辞めてしまうには、

 あまりにもうますぎるよ、真央ちゃん!」

 

確かに、ジャンプは跳べなかった。

 

でも、ステップの美しさ!!!

 

こんなに、表現力が上達して、

今までで、最高に美しい演技のできる

浅田真央がいて、

他の人が誰も到達できない域にまで

達しているのに、どうして?

どうして辞めちゃうの? 真央ちゃん!!

 

でも、その後、いろんなVTRが流れて、

あらためて思いました。

 

浅田選手は、本当にトリプルアクセル

愛していたのだ、と。

 

膝も腰も、ジャンプのために、無理を

続けてきて、それは限界に達していた。

すべては浅田選手が自ら選択したことで、

だとしたら、ジャンプのレベルを下げてまでの

演技では、彼女にとっては意味がない。

心が燃え立たない。

 

ならば、これが真央ちゃんのスケートだし、

人生なんだと。

 

その深さに思い至ったとき、

私も涙があふれるように出て

止まらなくなりました。

 

でも、すごいです…

 

だって、引退会見でもインタビューの中でも

左ひざの痛みとか、腰痛とかについては

結局、ただの一言も触れなかったんだもの。

 

f:id:sakuramiyuki:20170414141205j:plain

 (このイラストは、バンクーバー五輪で、

 浅田選手銀メダルの演技のあとの、

 涙のインタビューを聞いた翌日に書いた絵)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで、浅田選手の

激動のスケート人生をざっと振り返ってみます。

 

2005年 

シニアデビューでトリプルアクセルを成功させ、

いきなりの初優勝。

しかし、翌年のトリノ五輪には年齢制限で出場

できず、翌年の試合からは同じ年の好敵手、

キム・ヨナ選手との熾烈なメダル争いが始まる。

キム・ヨナ選手との戦いは「待ったなし」で

始まっていたんですね)

 

2010年 

バンクーバー五輪 銀メダル、

そして、その直後の世界選手権の金メダル

(真央ちゃんも「このときの自分は鬼だった。

若かったし、あの頃は一番気も強かったし」

と笑って振り返っていました)

 

翌シーズンから、6種類全ジャンプの矯正に取り組む

 

2012年 

GPファイナル直前にお母さん危篤となり、

ファイナル欠場と、お母さん逝去

その2週間後にお母さんのために滑った

愛の夢」で2年ぶり5度目の

全日本選手権優勝

 

2013年 

スケートを続けていくことへの

心の火が消えてしまい、カナダの振付師

ローリー・ニコルのもとで休養。

 

ローリーが浅田選手にスケートの楽しさを

思い出させるために作った

「ユーナ・ガッタ・リズム」

の演技で見事復活&優勝

 

2014年 

ソチ五輪のSPで、まさかの失敗と、

翌日、フリーでの完璧な演技。

 

(小塚選手が、「普通はああいう失敗をする

と…まあ、少しは持ち直せるんだけれども、

24時間以内にあんな完璧な演技をするところ

まで持ち直せるかって言うと、普通はできな

いし、自分もできなかった」とお話されてい

ました)

 

そして、直後の世界選手権で、五輪では

失敗したSPでも、なんと「世界最高得点」を

マーク!(ん〜、なんて、ドラマチック!)

 

翌シーズン

「(現役か引退かは)ハーフハーフ」で

1年間の休養

 

2015年 

5月  復帰 

11月 中国杯優勝

12月 全日本選手権の会場に、

お姉さんの舞さんを呼ぶ。

「これが最後かもしれないから見ててね」

 

結果は…若手選手に次ぐ第3位。

 

その日の夜、ホテルの部屋で

ケーキをズラリと並べ、

選んだモンブランをおいしそうに

頬張ったあとで、舞さんに告げる浅田選手。

 

「もう今日が最後かなって思ってたけど…

人生ってそんなにできることないし。

(引退するかどうかは)

もう少し考えてみてもいいのかなって」

 

そして、2016年

引退を決めるきっかけになった

全日本選手権まで。

 

とにかく、とにかく、最後まで

ジャンプも諦めなかった。

 

そして、悩んで悩んで、

何度も立ち上がっては、トライして、

自分に向き合い続けた。

 

そのすべてが、真央ちゃんの人生、

真央ちゃんのスケートでした。

 

 

「『やり残したことはなんだろう」

と思うことはなかったので、本当に

すべてやり尽くしたんじゃないかと

思います」

(引退会見で、浅田選手本人の言葉より)

 

 

ありがとう! ありがとう、真央ちゃん!

 

本当にやりきってくれた。

出し切ってくれた。

 

 

浅田選手が16歳のとき、今回の

インタビュアーの渡辺さんに頼まれて

書いたフリップには、「将来の夢」として

「19歳 バンクーバー五輪金メダル」

のあとに、「20歳 真央リンクを作る」

と書かれていました。

 

「私もそうだったけど、(今の日本では)

 ちっちゃい子はみんな、

 ほんとちっちゃいリンクで

 (人の間をくぐって)練習してる。

 だから、大きな技も練習できるリンクが

 あったらいいなと思って」

 

その表情には16歳の夢とは思えないほどの

実感がこめられていました。

 

ステキな夢! きっと叶うに決まってマス♪

 

休養中に挑戦していた「世界ふしぎ発見」の

ミステリーハンター(キャスター)も

とても良かったし、

もちろん、フィギュアでのプロとしての

滑りもまだまだ楽しみ!

 

私の夢も広がります!! 

 

そして、できれば

2020年の東京オリンピックでは

開幕式で滑ってほしいo(≧▽≦)o

(夏だけど、代々木スケートリンクでの演技を多元中継するとかしてー!)

 

浅田真央ちゃんの第二の人生が、

これからも、ますます楽しみです。

 

…ということで、これからも♪

 

f:id:sakuramiyuki:20170414123139j:plain

 

以上、今日はいつにも増して

個人的感情と思い入れで書かせて

いただきました。

お付き合いいただき、ありがとう

ございました。

 

魔女になりたい♡

f:id:sakuramiyuki:20170408224657j:plain

ん〜♡

なんてオシャレな本!

 

衝動買いしてしまいました。

 

 

ジブリの映画にもなった

魔女の宅急便」の著者、

角野栄子さんは御年82歳。

 

…え、82歳? ウソでしょ!?

 

だって、

背中もピンとして、すごくオシャレで

イキイキとして、楽しそうで…

 

年をとって、こんなステキなおばあちゃま

になれるなら「早く歳をとりたい!」

と思ってしまいます。

 

なんでも、角野さんは、

以前、森の中に仕事場を構えたとき、

「自分には海のほうが合う」とひらめいて、

今は、鎌倉文学館の、

すぐそばにお住まいなんだそう。

 

 

鎌倉文学館か〜…!

二度、訪れたことがあります。

www.kamakurabungaku.com

 

一度目は、このたびステキな

新刊を発売された、AYAちゃん先生

こと恒吉彩矢子さんと一緒に。

ameblo.jp

 

 

2度目は、会津若松に住む、

朋友「いのっち先生」と一緒に。

 

f:id:sakuramiyuki:20170409215825j:plain

 

 

古いものですが、イラストルポも描きました。

 

f:id:sakuramiyuki:20170409225330j:plain

 

 (由比ヶ浜へん)

f:id:sakuramiyuki:20170409222203j:plain

 

 

文学館の入り口

f:id:sakuramiyuki:20170409222217j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170409222233j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20170409205405j:plain

 

 

 

 ステキな建物です。

f:id:sakuramiyuki:20170409211104j:plain

 

 

鎌倉文学館のある、

江ノ電由比ヶ浜」駅

f:id:sakuramiyuki:20170409211215j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20170409211300j:plain

 

鎌倉駅からもそんなに遠くないのに、

静かな住宅街で、

なつかしい感じの商店街もあって、

もちろん、海も近くって、

一度訪れたら「ああ、ここに住みたい!」

と思わずにはいられないような、

とてもステキな場所です。

 

f:id:sakuramiyuki:20170409205029j:plain

 

 

ここに、角野さんが、

 一度、森の中に仕事場を構えたあとで

移住されたというエピソードがいいなァ♪

 

それくらい身軽に物事を決められたら、

ステキな歳の取り方ができますよネ!

 

 

そして、角野さんのオシャレの基本は

「白髪」と「メガネ」。

 

f:id:sakuramiyuki:20170408224657j:plain

 ほんとだ〜!

 

カラフルなメガネをベースに、

同じ型紙で作ってもらった

色や柄の違う、カラフルなワンピースを、

合わせて着用。

 

しかもその布は、

ふらりと立ち寄った近所の布地屋さんで、

1メートル千円前後のものを購入して

作ってもらうことが多いそう。

 

 

う、う、う… なんてオシャレ!!

 

そして、なんと自由! 闊達!

 

 

「魔法は想像する力と言ってもいいかもしれない。

これはキキに限らず誰でも持っている力。

 心が動くと、だんだんと

 その人の魔法が育っていくのよね。」

108ページ「角野栄子の毎日いろいろ」(角川書店 

 

その人の「心」が動いて、

その人ならではの「魔法」が育っていく。

 

ならば、本当に

誰もが「魔法使い」だネ!

 

ステキだぁ!

 

f:id:sakuramiyuki:20170408224653j:plain

 

これからは、年を取るごとに、

自由に、身軽に、

シンプルになっていきたい…

 

春を迎え、間もなく、年を一つ

重ねる私の、これが秘かな決意です。

 

 

よ〜し!

 

これからは魔法も磨いて、

魔女を目指すぞ♡

 

f:id:sakuramiyuki:20170409224508j:plain

 

ステキな魔法を育てましょ。

 

 

 

懐かしのキクちゃん見参!

f:id:sakuramiyuki:20170331232455j:plain

 

ずっと連絡は取り合っていたものの、

実際に会ったのは、

かれこれ4年ぶりくらいになる

でしょうか。

 

エクアドルから帰国したあと、

結婚するやいなや、三宅島に転居。

 

一生、島の人となるのかと思っていたら、

今は、「島根」で農業をする人になった

キクちゃん。

 

久しぶりに会ったら、

「謎の方言」を

しゃべっていました。

 

4年ぶりに会ったのに、

会っていた時間は30分くらい。

でも、顔見て、声聞いて、安心しました。

 

 

ニコニコなのは相変わらずで、

神奈川で剣道を教えた剣士たち、

エクアドルで教えた剣士たち、

三宅島で教えた剣士たちをつなごうと、

今も「菊道」をちゃんと貫いています。

  ↓

blog.goo.ne.jp

 

 

ま、でも何といっても、

彼の素晴らしいところは、

サイコーのお嫁さんを貰ったトコロだな。

ふふふ(*^.^*)

f:id:sakuramiyuki:20170331232535j:plain

おいしい手作りの島根の野菜たち。

ブロッコリーを摘んでくれたのは

娘の永愛ちゃんだそうです。

ありがたくいただきます。

 

 

三月は、ほかにも、

懐かしい方たちとの再会が多かったです。

f:id:sakuramiyuki:20170331234953j:plain

築地には久しぶりに

降り立ちました。

 

f:id:sakuramiyuki:20170331235347j:plain

築地駅前の小学校は、

亡き母の通っていた学校。

 

そう。築地には、母の実家があり、

母方の叔父が今も魚河岸の

場外、場内で、玉子焼き屋をしています。

     ↓

www.daisada.jp

 

この日の私は立ち寄る時間が

なかったけれども、

築地市場にお立ち寄りの際は

店頭でご試食もできますので、

みなさま、ぜひ「大定(だいさだ)」

を訪れてみてくださいネ。

 

 

3月はほかにも…

f:id:sakuramiyuki:20170331232419j:plain

吉田晋彩先生が、80歳(傘寿)

のお誕生日を迎えられ、

めでたい月となりました。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170331232421j:plain

 

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170331232418j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170310200938j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170401000700j:plain

(お節句だったので、桃のお菓子)

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170331232425j:plain

(ちなみに器は、晋彩先生が15歳の

 ときのお作です。…って、えーっ!?)

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170401000903j:plain

例年に比べて

かなり寒いながらも、

桜も開花しましたね。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170331232612j:plain

 

この三月は、いろんな意味で、

私にとっての転換点となりました。

 

静かに、そして、着実に「底」まで

降りていって、

いろんなことが遮断されて…

 

で、またつながったのです。

 

まだ「底ゾーン」の

端っこにいるけれども、

そこから青空を仰ぎ見ている、

そんな清々しい気分。

 

4月は、たくさんの人と新しく

出会うことになっているので、

やわらかく、

楽しんでいこうと思っています。

 

みなさんも、ファイトで〜す!

やわらかく、ネ。

 

 

当たり前すぎるけど、やっぱり効く!花粉のカンタン基本対策

f:id:sakuramiyuki:20170324175508j:plain

 

花粉症歴20年以上の私。

 

先日、今年の劇的な花粉発症について

記事にしました。コチラ↓

 

sakura-cafe.hatenablog.com

 

もともと慢性鼻炎でもあるので、

症状はかなりひどい方だと思われます。

 

 

もちろんこれまでも、いろんな方法を

講じてきましたが、

今年の発症はかなり衝撃的だったので、

 

「ああ、これはきっともう、

 この春いっぱいこのキツイ症状を

 ひたすら抱えて生きていくしか

 ないのだわ…」

と半ば絶望的な気持ちに陥っていたのですが、

 

「絶望&諦め」の前に、いくつかの基本を

徹底してみることにしました。

 

 

花粉症の基本対策3原則と言えば…

 

みなさん、ご存知ですか?

 

そう、

「吸わない、浴びない、持ち込まない」

です。

 

そして、結論から言いますと、

私は、

 

明らかに復活を遂げたのです!

 

 

そこで、今回私が徹底した、

「当たり前すぎる、簡単花粉対策ポイント」

を4つ、あらためてご紹介します。

 

1.アレルギー専用の鼻炎薬を必ず飲む

f:id:sakuramiyuki:20170324183833j:plain

 

私の場合は「アレジオン」ですが、

「アレグラ」や「クラリチン」なども

もちろん有効。

 

最近は薬効時間の24時間を超えて飲み忘れると、

途端に鼻の奥がカラカライガイガになって、

花粉の時期特有の症状が出てくるので、

薬ってすごいなあとあらためて実感しています。

まあ、ここまでは当たり前すぎるかな。

 

2.外から帰ったら、玄関の外で上着・カバン・髪をはたく&降って、花粉を落とす

f:id:sakuramiyuki:20170324170639j:plain

 

まあ、これも、当たり前と言えば、

当たり前ですが、私なんかは髪が長いので、

特に、入念にフルフルしてから玄関に入ります。

 

 

3.すぐにシャワーを浴びて、花粉を落とす

f:id:sakuramiyuki:20170324171052j:plain

 

疲れていると、お風呂に入る時間って

どんどん遅くなってしまいがちですよね。

 

でも、花粉症のためなら仕方ない!

と思って、とにかく、疲れていてもなんでも

帰ったらすぐにシャワーを浴びることを

徹底しました。

 

そして、たぶん、私にとっては、

あらゆることの中でも、一番これが

有効だった…!!

 

花粉って、そりゃあ、浴びたくないのは

やまやまですが、生きている以上、

全く浴びないのは難しいですよね。

 

f:id:sakuramiyuki:20170324165405j:plain

 

ましてや、土手なんかみたいに、

はるか遠くまで見渡せる、

気持ちのいい空間を、

春の日差しの中で

はしゃぎながら歩くときは、

花粉を浴びているなんて自覚は

すっ飛んでいますよ。

 

でも、目には見えないだけで、

花粉シャワーは予報通り

「非常に多く飛ぶ」で、

手ぬかりなく飛びまくり、

もれなく浴びまくっています。

 

そのことも知らずに、疲れて帰って、

ほんのちょっとのつもりで

ソファやら、ベッドやらに

もたれかかったりしちゃったら

もう大変!

 

先日の私の、劇的な発症も、どうやら

ここに原因があったようです。

 

あまりにも当たり前すぎて、見落として

いましたが、とにかく、目に見えない

ものは、「洗い流すのが一番!」

 

あらためて実感した出来事でした。

(ちなみに、放射能も同じだそうです)

 

4.こまめに掃除する

f:id:sakuramiyuki:20170324183854j:plain

 

そして当たり前ついでに

するべきなのは、やっぱり「お掃除」。

 

私はそうじ機を出すのは面倒なので、

クイックルワイパーですが、

1日に2回はワイパーしています。

 

以上、当たり前すぎるこの4つで

私はあの、つらい劇的な発症から

復活することができました。

 

もともと、「お風呂には帰ってすぐに

入ること」以外は、やっていたのですが、

この4つが揃うことで、かなり

無敵になることに気づきました。

 

朝のヒートショックと言われる、

起きたての「激しいくしゃみの連発」も

まったく無くなり、だいぶ楽です。

 

もちろん、外出中に、急に

くしゃみが出ることはあるけれど、

そのときはマスクをして乗り切り、

「帰ってシャワーして流すぞ〜!!」

と、そこだけは鬼のように

決意を新たにします。

 

今年は、こんな気温なので、花粉袋が

破れないで残っている木もまだ多いそう。

それだけ、スギちゃんも必死なのですね。

 

スギちゃん、がんばって♡

 

そして、私たちも、

スギちゃんの攻撃にめげず、

「吸わない、浴びない、持ち込まない」

作戦で、がんばりましょう♪ 

もう少し、ね…

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170322211138j:plain

 

花、梅、桜。

f:id:sakuramiyuki:20170322211050j:plain

 

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170322211049j:plain 

 こちらは、日本橋の白梅。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170322210931j:plain



 


f:id:sakuramiyuki:20170322210926j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170322210924j:plain


こちらは街中の早咲き桜。



あぁ、こないだまで、

あんなに寒くて、

花はまだ稀だったのに…


f:id:sakuramiyuki:20170307232317j:plain

 

イツノマニカ、

来てたのね、春。

 

f:id:sakuramiyuki:20170322211047j:plain


  

そしてこちらが、 

開花宣言2日目、本日の

東京のソメイヨシノです。


f:id:sakuramiyuki:20170322211141j:plain

 


f:id:sakuramiyuki:20170322211140j:plain

 



f:id:sakuramiyuki:20170322211139j:plain



つぼみはふっくら。

準備万端ですね。


さぁ、みんな、

花見酒の準備だよぉ!

٩(^‿^)۶



劇的な発症(花粉ちゃん)

f:id:sakuramiyuki:20170316231522j:plain

 

その日の夜から、花粉症の

症状が激しく立ち現れました。

 

今年は今まで、

症状が軽かったので

「あんまり花粉飛んでないんだなあ」

な〜んて思っていたのに…

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170316231539j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170316231833j:plain

 

は〜…花粉症って、こんな

つらいものでしたっけ?

 

今年も順調に花粉症を発症して、

めぐる季節を体感中です。

 

 

 

おまけの話。

f:id:sakuramiyuki:20170316232045j:plain

 

長年連れ沿ってきてくれた複合機に心より感謝。

 

複合機の寿命と同じくして、

私自身も、花粉症と、

深層心理的原因により

心身ともに壊れた部分があり、

 

いろいろと「次へ進め」の

合図がやってきているのを感じています。

まさに春だぁ。

 

f:id:sakuramiyuki:20170316235830j:plain

 

 

ちなみに、8年前の春、

自分がどんなだったか、

思い出そうと昔のブログを見てみたら…

こんなことに遭遇してましたヨ。

 

テツヤに会うの巻

 

  

書店のPOPを描きました♪

f:id:sakuramiyuki:20170310202313j:plain

 

今日は、書店のPOPを描きました。

楽しかった♡

 

f:id:sakuramiyuki:20170310202330j:plain

 

いかがでしょう?

手描き感満載です。

 

編集長さんにお見せしたら、

とても喜んでくださったうえ、

さり気なくアドバイスをいただいたので、

一回梱包した包みを解いて、

「新入学・入園にもピッタリ!」

の一言も付け加えてみました。

 

f:id:sakuramiyuki:20170310192744j:plain

にほんの マナー えほん | 小学館

 

そうなんです。

ほんとうに、新入学・入園前の

今の時期に読んでいただくのに、

ピッタリの内容なんですよね。

 

こちらのPOPは、

たまちゃんという友人の御縁で

福島県に7店舗もある「岩瀬書店」さんに、

置いていただく予定です。

www.iwasebooks.co.jp

 

 

あと、せっかくだから、この機会に

いつもたくさん売ってくださっている

江戸川区「読書のすすめ」さんにも

別のを描いて送っちゃおうかな。

dokusume.com

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170310193923j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170310193941j:plain

 

じつは、こちらの絵本、

描かせていただいた当初は、

自分の絵の反省点ばっかり

気になっていたんですよ。

 

今まで絵本を書かせていただくときは

いつもそうでした。

自分の絵のうまいヘタが気になってしまう…

 

 過去のえほんからーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

赤と緑

赤と緑

 

 

こどもがつくるOCCONのおやつ大行進

こどもがつくるOCCONのおやつ大行進

 

 

天国への橋

天国への橋

 

なつかしい…

もう絶版になってるかな。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

でも、ありがたいことに

「にほんのマナーえほん」は

昨年増刷になりまして、

 

久しぶりに開いてみると、

本当に、本当に、良いえほんだったので

ビックリしました。

 

自分の絵というより、

やっぱり、編集長さんが

立ててくださった

もとの企画が素晴らしいんですね。

 

f:id:sakuramiyuki:20170310193849j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170310193900j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20170310205252j:plain

 

眺めているうちに、

日本のマナーはまねっこするだけでも、

心が整うんだなあ

としみじみ…

 

茶道の先生がいつも、

 

「まず形をつくる。

 

f:id:sakuramiyuki:20170310200938j:plain

 

するとそこに心が入る。」

 

とおっしゃっていらっしゃるんですが、

それとおんなじです。

 

なんて素晴らしい財産を

日本は持っているんだろう。

 

f:id:sakuramiyuki:20170310202330j:plain

 

そんなわけで、

私のうまいヘタなんて

もうどうでもよろし。

 

今は、できるだけ

たくさんの子供たちに、

にほんのマナーについて、

このえほんで、楽しく触れていただき

たいと願っています。

 

にほんの マナー えほん: プレNEO BOOKS

にほんの マナー えほん: プレNEO BOOKS

 

 

そして、わたしたオトナは、

子供たちのお手本。

にほんのマナー、誇りを持って

実践していくのだヨ!