新・東京イラストJournal

イラストレーターのさくらみの日常絵日誌

絵を描くとは、どんな作業なのか?

f:id:sakuramiyuki:20161227170611j:plain

年末はやっぱり、

この一年を振り返り、

「来し方行く末」に

思いを馳せたくなるものですネ。

 

ワタクシ的大事件は

いくつか起こったけれど、

今年も、良かったことの方が間違いなく

多い一年でした。

 

だって、だからこうして

今ここに生きていられるのでしょ?

 

絵本が増刷になって、すっごく

嬉しかったし、

f:id:sakuramiyuki:20161129122642j:plain

 

イラストのお仕事にも恵まれ、

大好きな仕事を

元気にこなして来られたし、

 

 

お茶の先生が倒れて心配したけど、

お元気になられ、

年末にはお祝い事もあったし、

f:id:sakuramiyuki:20161210003054j:plain

 

大好きなみんなとワイワイやれたし、

 

大切な友人と旧交を温め合えたし♡

 

いろんな面白い人にも出会えたし…

フフフ。

 

 

長年気になっていた頭痛も、

脳のMRIでは悪い所見なし!

健康に過ごせました。

 

 

自分の家は、

 

f:id:sakuramiyuki:20170103032517j:plain

小さな工夫と捨てることを積み重ねて、

あらためて、世界で一番

大好きな空間に…

 

 

特別なことなど何もなく、

いつもの「例年どおり」

と言えば「例年どおり」の

フツーの一年。

 

でも、それが本当にありがたい。

 

母が突然逝ってしまったあの日以降を、

今もこうして、

ちゃんと元気に生きているというのは、

私にとって、それだけで

不思議な奇跡のように思えます。

 

f:id:sakuramiyuki:20161227225534j:plain

 

 

それでも今年、

個人的に、大地を揺るがされた事件は

ざっと指5、6本分くらいはあったのですが、

 

何と言っても、大きかったのは

こちら↓でした。

sakura-cafe.hatenablog.com

 

何かの冗談であってほしいと

今でも思うけど、これはやはり現実…

 

 

でも、イラストレーターになって

20年目の節目の年に

こんなことが起こるのは、

きっと何か意味があるのです。

 

それも「良い意味」が…

 

f:id:sakuramiyuki:20161129122627j:plain

 

私にとって、

絵を描くということは、

 

深いところへ潜っていって、

 

f:id:sakuramiyuki:20161227211236j:plain

 

 

 

自分でもどこにあるのかわからずに、

泥の中を、息を詰めて

手探りで探し、

 

どこかにそっと眠っている

光るものを採って、

 

地上に戻ってくる、

 

ということ。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20161227215435j:plain

 

 

 

すると… 

 

f:id:sakuramiyuki:20161227211319j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20161227211335j:plain

不思議なことに、

深いところまで降りて採ってきたものは、

他の人とも、ちゃんと共有できるものに

なっているのです。

 

ただ、そこまで深く潜るには、

ある程度の覚悟と思い切りと、

時間が必要。

 

 

以前と違い、限られた時間の中で、

どこまでそれができるのか…

まだまだ、工夫しなくっちゃ。

 

それは、簡単ではないけど

楽しいことでもある。

それを、あの事件がもう一度

気づかせてくれたなあと…。

 

道はまだまだ続くのです。

 

 

まずは、2016年をあと5日、

無事に最後まで送り届けて、

新しい年を迎える準備を

楽しもうではありませんか。

 

f:id:sakuramiyuki:20161227230305j:plain

宴のあとの…

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20161227172902j:plain

居残りサンタさんたち…♪

 

 

おそうじ手伝ってくれる?