新・東京イラストJournal

イラストレーターのさくらみの日常絵日誌

神さまにもらったアトリエ(本当の話)

今から15年ほど前、

御茶ノ水駅のすぐそばに、

アトリエを持っていた時期がある。

 

f:id:sakuramiyuki:20170526204347j:plain

 

御茶ノ水界隈は、私にとっては、

生まれてから8歳までを過ごした町で、

 

そのあと家は他区に引っ越したものの、

その後も小学校、中学校と、

その区域に、電車とバスを乗り継いで

通学していた。

 

小学生が、毎日、満員電車で通学するのは

簡単なことではなかったけれど、

私はなぜか、幼心にも絶対に、

この町を離れないと決めていた。

 

それだけに、おとなになっても思い入れが深く、

私にとってはたった一つの「ふるさと」だ。

 

ちょうど9.11テロ事件が起こった半年後の頃、

てんやわんやの中、ニューヨーク留学を

切り上げて帰ってきた私は、

空っぽで、孤独で、クタクタだった。

 

「ここではない、他のどこか」に憧れて、

ニューヨークまで行ったのに、

いろんな挫折や悲しみがかえって増して、

結局、東京に戻ってきたのだ。

 

そんな私がやり直せるなら、

歩くだけで柔らかい気持ちになれる、

子供の頃を過ごした、この懐かしい町

しかないと思っていた。

 

 

手持ちのお金は、留学で使い果たして

ほとんど無かったのだけど、

子供の頃からずっと遊び場だった、

地元の太田姫さま(太田姫稲荷神社)

にお参りして、

「こんな予算しかありませんが、

 明るくて、景色の良い場所で

 心を込めて、絵を描きたいのです。

 どうか私のために、小さなスペースを

 開けてください」とお願いした。

 

f:id:sakuramiyuki:20170526214737j:plain

(今でも行くたびキュンとする太田姫さま)

 

sugoroku.tokyo

 

それまでに三回、足を運んでいた

不動産屋のおじさんは、

なぜか私のことをすごく気に入って

くださっていたのだけど、それはそれとして、

「このあたりでは、あなたの条件では、

 絶対に希望のものは出ませんよ」

と笑っておられた。

 

だから、お参りした翌日、

その物件が出たときは、

おじさんが一番ビックリしていた。

 

「さくらさん、こういう物件は

 私も40年やってて初めてですよ!」

 

そうでしょう、そうでしょう。

だって、神様の出物だもの。

それにしても

「こういうことって、本当にあるんだ…」

と私もビックリ。

 

そんな神様からいただいた空間に、

アトリエを構えたはいいけれど、

最初の一年は身も心も空っぽで、

とにかくたった一人、

もがきながら制作していたのを

覚えている。

 

窓からは贅沢にも、ニコライ堂

円屋根がよく見えて、心を慰めてくれた。

 

f:id:sakuramiyuki:20170527223428j:plain

(この写真ではちょうどビルのあたりで

木の陰に円屋根が)

 

とにかくその空間にいるだけで、

何かワクワクするものがあったのだ。

 

そして、それから一年後、

本好きの仲間たちに出会い、

あれよあれよと言う間に、

そのアトリエは

「仲間たちの寄り道コース」になっていった。

 

 

当時の状況を、過去のブログから↓

f:id:sakuramiyuki:20170526235200j:plain

(わ〜、この絵を見て思い出した!

 そういえば、チャイム、なかったわ)

 

私が上階にあるお手洗いまで

行って帰ってくると、

私の代わりにでっかいくまのプーさん

席に座って仕事をしているという、

ビックリ&大笑いのイタズラも…

f:id:sakuramiyuki:20170527000645j:plain

(プーさん、でかすぎるよ…笑)

 

そんなアトリエでも、

絵に集中できないときはすぐに町に出て、

いろんなカフェでノートを広げた。

 

御茶ノ水にも、ここ数年、

再開発の波が来て、今や

見上げるような高いビルや、オシャレな

飲食店がみるみる増えたが、

その頃よく通っていたお店は

ほとんどつぶれてしまった。

 

でも、あったんだよね、一軒。

残っていたんだ、懐かしいカフェが。

  

f:id:sakuramiyuki:20170526215140j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20170527000309j:plain

 

あんまり大きなチェーンでもないし、

すぐつぶれちゃうかもと

心配していたんだけど、

この地区では、意外に長生き。

 

f:id:sakuramiyuki:20170526235955j:plain

中は少し改装されていた。

 

f:id:sakuramiyuki:20170526235907j:plain

 

この窓側の席に座っては、

夢をワクワクふくらませて、よく元気を

もらったものだっけ。

 

 「空間の記憶」と言うのかな、

店に入って席に座って、

一瞬でそのワクワク感を思い出した。

すごいなあ。

 

ちなみに、アトリエのほうは、

その後、いろいろな経緯を経て

5年後に手放した。

 

神様にいただいた空間で過ごした時間は、

やっぱり、甘いことだけじゃなく、

魂の勉強になるような経験もいろいろ

味あわせてくれた。

 

そういうことも含めての

後押しだったなんて、

神様の計画には、ほんと無駄がない。

ありがとうございます。

 

f:id:sakuramiyuki:20170526214737j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170527004012j:plain

 

御茶ノ水の風景は、もはや

こんな大規模工事中の場所ばかり。

 

f:id:sakuramiyuki:20170527004127j:plain

 

ん! ここは小学校のときから

変わってない?

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170527004155j:plain

 

わー、坂の途中で椅子に座って、

私たちを見下ろしているおじさんの銅像

そのまんまだ!

 

f:id:sakuramiyuki:20170527004252j:plain

(佐藤運雄先生と台座にお名前が)

 

…と思ったら

f:id:sakuramiyuki:20170527004421j:plain

 

ああ、ここももうすぐ、無くなって

しまうみたい。

 

 さびしいな。

 

f:id:sakuramiyuki:20170527010705j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20170527011421j:plain