読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心を動かす(その2 ハルシャ展 感想)

f:id:sakuramiyuki:20170407210317j:plain

六本木ヒルズ森美術館のアート展、

ハルシャさんという、南インドのアーチストの

展覧会に行ってきました。

 

 

www.mori.art.museum

 

なんと、写真撮影は全点ご自由にとのこと。

 

最近は、数カ所ならオッケーという所も

増えてきましたが、全点というのは珍しいかも。

他に全点オッケーと聞いて思い浮かぶのは、

岡本太郎美術館くらいです。

 

さて、ハルシャさんのアートとは、

どんなアートなのでしょう?

 

 

しばしご鑑賞ください。

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183627j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183628j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183629j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502185844j:plain

(ここまでで一枚の作品から)

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502185801j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502185440j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183626j:plain

(ここまでで一枚の作品から)

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183625j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183719j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183718j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502190306j:plain

(ここまでで一枚の作品から)

 

以上の作品は、

大きな画面に、同じことをしている人が

いっぱい描かれている三つの絵。

 

三つ連なって一つのテーマを唄う、

「三連作」です。

 

タイトルは

「私たちは来て、私たちは食べ、私たちは眠る」

 

 

うーん、まさに

f:id:sakuramiyuki:20170502183629j:plain

私たちは来て、

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502185801j:plain

私たちは食べ、

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183625j:plain

私たちは眠る。

 

 

これ、ワタシのことだ!

 

面白い…

 

 

同じような物を食べていても、

年齢も、表情も、姿勢も、

一人ひとり違うし、

 

同じような布団で、

同じような格好をして寝ていても、

一人ひとり、みんな違う。

見ている夢も、みんな違う。

 

個性って、一人ひとり、みんな違う。

 

人間… 

 

人間ってそういうことなんだ…。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183950j:plain

さて、この人達は、一体、

何をしているのかしら?

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502184438j:plain

上には鏡。

 

足元には、上を見上げるたくさんの顔。

f:id:sakuramiyuki:20170502183951j:plain

 

 

そう。

ここでは、思い思いのスタイルで、

自分たちも絵の一部になることができる

仕掛けです。

f:id:sakuramiyuki:20170502183952j:plain

 

 

 

ということで、↓私も(笑)

f:id:sakuramiyuki:20170502191816j:plain

 

 

それにしても、この群衆の多さ…

 

それだけでも、インドっぽいですよね。

 

でも、インドの人も、

私たち日本人と同じく、

一人ひとりに、みんな貌(かお)がある。

 

 

私たちと同じように、

この世界に一人でやって来て、

誰かと家族になり、誰かと出会い、

誰かと隣人になり、

毎日食べて、寝て、生きている。

 

もう、そんな当たり前のことが、

あらためて、面白く、

興味深く思えます。

 

アートって、こうして、

長く対話のできる絵のことを言うんだよなぁ…

 

端から端まで見て、楽しんで、考えて、

いろんな物語が浮かんでくる。

 

それがハルシャの描き出す世界観。

 

ハルシャさんの背景として、

制作中の様子や、

南インドの「音」や

風習や日常を伝えてくれるコーナーも

あったのですが、

それがまた面白くて、じっと見入って

しまいました。

 

たとえば、南インドの風習。

f:id:sakuramiyuki:20170502183715j:plain

ランゴーリー

自宅の玄関前に、家に神様をお招きする

ための絵を描く風習です。

 

いろんなランゴーリーがあって、

どれも美しいのですが、

f:id:sakuramiyuki:20170502183755j:plain

最初はこんな点を打つところから

始まって…

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183754j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183753j:plain

あっと言う間に、

こんな晴れやかで、可愛らしい模様が!

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183752j:plain

ランゴーリー用の大理石の粉は、

街中で普通に売っているそう。

 

 

 先ほどの絵に

f:id:sakuramiyuki:20170502183751j:plain

さらにもう一色重ねて…

 

これは、その家の主婦がする

決まりになっているのだそうで、

お祭りの日には色鮮やかなランゴーリー

描くのだとか。

 

昔、私も子供のころ、母の計らいで、

玄関の前のコンクリート地面に

クレヨンで絵を描かせてもらったものだけど…

 

あれは楽しかったナ。

 

母も、色がキレイに発色するからと言って、

チョークではなく、クレヨンで描かせて

くれました。

 

でも、消すのは大変で、大きなブラシで

ゴシゴシこすりましたっけ。それもまた

楽しかったけどネ。

 

ランゴーリーは粉なので、

あっという間に消えてしまいそうだけど、

だからまたすぐに描くというのが

神様をお迎えする心につながって

いいですよね。

 

幾何学模様の美しい繰り返しは、

やはり、なんとなく、インドの奥深さや、

ハルシャの絵にも通じるような

気がします。

 

 

ちょっとドキッとする絵もありました。

f:id:sakuramiyuki:20170502183717j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183716j:plain

 落ちていくピエロの群衆

タイトルは「溶けていくウィット」

 

 ハルシャ展では、風刺画も多かったです。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502193525j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502193620j:plain

宇宙を縫う骸骨さんたち。

タイトルは「神々の創造」

 

骸骨は、神様だったんですね。 

恐い風景なのかもしれないけど、

なんだか、とても惹きつけられる。

 

なんでだろ? 

 

怖い怖いなんて言って、

私たちも、みんな皮をむけば、

骸骨なんだよね。

 

骸骨の上に、皮(=宇宙)を着ている。

それが本当の私たちなのかも。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502193930j:plain

 

会場の床には、

ときどき、寝ている人の

絵が貼り付けられています。

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502184054j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502183957j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20170502184053j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20170502184212j:plain

 

巨大な宇宙の絵は、

とてもキレイ。

 

終わりがなくて、グルグルしている。

 

輪廻転生を示しているとも。

 

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502184052j:plain

作品タイトル

「乳搾りが、唯一の道だ」

 

白い足跡は、ハルシャさんのもの。

f:id:sakuramiyuki:20170502184051j:plain

 みなさん、一心に乳搾りをしていますが、

これは飲むためではなく、大地に

そのまま流して、自然への贈り物と

する風習なんだそうです。

 

古くから、自分の周りに当たり前に

ある風習を、これだけ新鮮な目で

描けるのは、すごいと思う。

 

やみくもな礼賛だけでなく、

風刺的な視点も入ってくるのは、

自分のお腹にとことん落とし込んで、

本当によく見て、描いているということ。

 

だから、訴えかけてくる何かがある。

  

f:id:sakuramiyuki:20170502184050j:plain

中には、やせ細って

ミルクの出なくなった牛に

絶望している人も…

 

「乳搾りが、唯一の道だ」からね…。

 

 

これ、日本だと、何が

乳搾りに取って代わるんだろう?

 

 

ハルシャ展

www.mori.art.museum

 

たくさん写真をアップしましたが、

私の載せたのは、ほんの一部です。

 

他にもまだまだ、多くの作品があって、

それぞれの絵がたくさんの言葉で

語りかけてきてくれます。

 

6月11日(日)まで開催していますので、

興味を持った方はぜひ、

ハルシャのアートに、

耳を傾けてみてくださいね。

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502184215j:plain

鑑賞券は、シティビュー階からの展望券付き。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502184143j:plain

夜は東京タワーが、

それはそれはキレイに見えます。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502184214j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170502184213j:plain

やっぱり海が見えると、なんか、

ホッとしますね。

 

は〜、ココロ、動いた!

良い1日だったなあ。

 

ハルシャさん、展覧会のタイトルの通り、

チャーミングな旅ができたよ!

ありがとう。