新・東京イラストJournal

イラストレーターのさくらみの日常絵日誌

腹ペコ青虫と森林浴と…

f:id:sakuramiyuki:20170630223349j:plain

一年の折り返し。

 

この半年間は、

なんだか、とっても楽しかったナ。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170630224451j:plain

 

みなさんは、この6ヶ月を、

いかが過ごされましたか?

 

私は、4月からいろいろ始めたことが、

すごく良いリフレッシュになっています。

 

新しいことを始めたと言っても、

 

ものすごい勢いで何かが伸びて、

怒涛のごとく変化してしまうようなものは

何ひとつなく、

 

 

目に見えないほどの小さな何かが、

ほんの少し、更新されたか、されないか…

くらいの、そんな「かそけき」もの。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170630233946j:plain

 

でもそれは、どこか、

とても懐かしい感じのする感覚で、

 

その懐かしさに、

「ああ、こっちの道で正解なんだ…」

と、

 

まるでホタルが、甘い水を見つけたような、

ほっくりした嬉しさを感じています。

  

f:id:sakuramiyuki:20170630224744j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170630225056j:plain

 

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170630225309j:plain

(このとき、実はモーレツにお腹が

 空いていたのだけど、

 時間帯的に、ケーキセットしかなく。

 

 でも、窓からの眺めと、

 香り高い珈琲とケーキに

 ものすごーーーーく癒されました。

 世田谷美術館「Le Jardin」にて)

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170630225530j:plain

(窓の向こうの木、葉っぱがすごく大きくて、

 小さな風にもファサ〜ファサ〜と揺れて、

 「f分の一揺らぎ」を醸し出している。

 

 気になる〜。なんの木?)

 

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170630225330j:plain

 (別の角度から見ても美しい)

 

 

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170630225750j:plain

 

 

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170630225813j:plain

 

 

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170630225841j:plain

(近くで見たら、クヌギの葉っぱは

 トゲトゲ、ギザギザしていて、

 大きな昆虫みたいでギョッとしました。

 全然風流じゃなかった〜。

 遠くから見ると、美しいんだけどナ)

 

追記:クヌギはカブトムシやクワガタの

大好きな木だそうです。なんか…ナットク!

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170630234616j:plain

(一方、こちらの貴婦人は、

 惚れ惚れするほど、優雅。

 でも、この大きさ…

 ひょっとして厨房から逃げてきたの?・笑)

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170701000530j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170630225353j:plain

 

それにしても、砧公園って

ほんと、大きい。

 

 

大きいけど、雨だし、平日だし、で、

ほとんど人がいない。

 

 

…と思っていたんだけど、

f:id:sakuramiyuki:20170630224354j:plain

じつは、世田谷美術館の中だけは別で、

平日にも関わらず、親子連れが、

ぎゅぎゅぎゅ〜っと詰め掛けていましたヨ。

 

ericcarle2017-18.com

 

この土日で

東京(世田谷美術館)では展示が終わって、

そのあとは京都に移動します。

 

色彩の魔術師と言われる

エリック・カールさんの作品群は、

まさにその通り、カラフルで、深くて、

思い切りが良くて、

見ているだけで楽しい気持ちに。

 

コラージュって、やっぱりちょっと

やってみたくなりますよね。

 

実際、カールさんも、絵を見て

「これなら、僕にもできそう!」って

子供達に思ってもらえたら、それが

最大の賛辞なんですって。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170701001644j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170701001755j:plain

 

世田谷美術館(砧公園)へは、

用賀駅から続く遊歩道も、

とても味があっておすすめです。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170701001733j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170701001714j:plain

いらか道

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170701001952j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170701011111j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170701002015j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170701002030j:plain

「あらざらむ この世のほかの思ひ出に

 いまひとたびの逢ふこともがな」

 和泉式部

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170701002043j:plain

 「めぐり逢ひて 見しやそれともわかぬ間に

 雲隠れにし 夜半の月かな」

 紫式部

 

遊歩道のこの二句は、読んで、

海老蔵さんと麻央さんのようだ

と思ってしまった。

 

 

そういえば、

母の亡くなる前、私と母も、

なぜかわざわざ、この町に

ふらっとお散歩しに来たんだよね。

 

一緒に眺めた夕焼け空、忘れない。

 

 

逝ってしまった人には

会いたい、会いたいって、

心の底から思い続けていけばいい。

そのまっすぐな思いは、

止められない。

 

あとは、少しずつ、時間を味方に…。

 

 

 

ふう…

 

心がゆったりする、不思議な町。

 

 

ありがとう。

今日もいい気分転換ができました。

 

f:id:sakuramiyuki:20170701002556j:plain

 

さあ、また、新しい半年が始まります。

 

がんばっていこーね!