新・東京イラストJournal

イラストレーターのさくらみの日常絵日誌

NEWモレスキンで、スケッチ♪

f:id:sakuramiyuki:20171206222143j:plain

 

また新しい手帳を買ってしまった♡

 

 

f:id:sakuramiyuki:20171206222302j:plain

 

今回は、かなり迷った末に、

小さいサイズのMOLESKINEに。

https://www.moleskine.co.jp

 

 

MOLESKINEの良さは、

一度使ってみるとよくわかるのですが、

箇条書きにまとめてみますと…

1.板のように硬い表紙

(これが、とても持ちやすい)

 

2.パチンと止まるゴム

(ゴムで止めるだけで、なんとなく

 プライベート空間が守られた気が

 するから不思議)

 

3.やわらかい風合いのベージュのページ

(イラストを描くときもほっこりしちゃう♡)

 

4.最後に、マチ付きのポケットが

 あるのも便利です♪

 

 

 

実は私、結構な手帳持ちでして…

 

f:id:sakuramiyuki:20171206223535j:plain

 

1と2は毎日使うもの。

基本的にどれも罫線なし(無地)で、

このうち何冊かと色鉛筆は、いつもカバンに

入れて持ち歩いています。

(そりゃ重いよネ〜)

 

スケッチブックやノートは、

基本大大大好きなので、

ほかにもいただいたものを含めて、

たっくさん持っており、

 

しょっちゅう、いろんなものを試しては

小さな幸せを享受しているのですが、

 

頻繁に使うものは、長い年月の中で、

だんだん上記に定まってきました。

 

 

私の場合は、

「このノートでイラストを描いてみたい!」

と思うかどうかが、やっぱり大きいかナ。

 

あと、失敗して破りたくなったときに、

なんのてらいもなく、ビリっといける

リング式のものは、頻繁に使うものの

上位に来ます。

 

 

逆に、

MOLESKINEのノートはとても丈夫なので、

「書きためていくもの」に使うのに便利。

 

f:id:sakuramiyuki:20171206222143j:plain

 

 

手帳って、振り返ってみると、

自分の深い領域に属するものですよね。

 

五年前に母が急死してしまったとき、

あらためて強く実感したのですが、

なにげなく、本当に何気なく、

毎日のメモや風景を書き綴っていたことが、

「かけがえのない宝物」になっていたりします。

 

f:id:sakuramiyuki:20171206230403j:plain

 

 

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20171206230429j:plain

 

手帳に向かう時間は、ひとりに戻って、

奥深くにいるもう一人の自分と語らう時間…

 

いいよネ

そういう時間

大好き

 

美しい晩秋、みなさんも、今宵、

手帳に向き合って、

人生を深めてみてくださいね。

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存