新・東京イラストJournal

イラストレーターのさくらみの日常絵日誌

私のゆるゆる断捨離道。

f:id:sakuramiyuki:20180513202242j:plain

 

最近、やっと奥の部屋に、

「本棚以外の物」が無くなりました。

 

奥の部屋は物置きのように使っていたのですが、

素人目に見ても風水が悪く、

ここがガラクタの物置きになっていると、

私自身が、体と心に、

とても重たいものを

ぶら下げているように感じてしまうのです。

 

ただ、部屋に物が無くなったと言っても、

物入れ、クローゼット、本棚にはまだ

7割、何かしら詰まっています。

 

これを最終的には、なんとか今の半分、

4割くらいまで減らしたい!!

 

そう、これ、はやりの、

いわゆる「断捨離」というものです。

 

ここまで来るのには、

6年半もの歳月をかかっているので、

「ゆるゆる断捨離」ですね。

 

でも、ゆるゆるとでも、進めてきた結果、

今は他の部屋も、家具がほとんど

なくなって、壁がよく見える家になったり、

 

あと、収納も、

前は「見たくない収納」だったのが

今は「見て(気分が)上がる収納」に

少しずつなりつつある…かも。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20180513200131j:plain

 

思えば、「断捨離」を始めたのは、

6年半前のことでした。

 

母が突然逝ってしまい、

 

それから数ヶ月のうちに、

それまで話にも出なかった、

マンションの建て替えが、

何故か急に決まり、

 

その日から、母の遺品整理と、

自分の身辺整理が、

私の人生の、大きな課題と

なったのでした。

 

 

大きな家具から始めて、 

 

本、食器、雑貨、洋服…

大量の画材、

母の大好きだったゴルフグッズ…

(私が使わないので2年でカビてしまい、

 そこからエコリングするのに、

 さらに4年もかかりました…

 ゆるゆるだナ〜☆)

 

最近では、卒業アルバムや卒論も。

 

家族の写真も(もちろん良いのだけ残して)

思い切りいきました。

 

私の仕事柄、しめきりが重なると、

どうしても休みが取れなかったり、

外出できなくなったりするので、

 

そういうストレスが溜まったときこそ、

逆にチャンスとばかりに、

引き出し一個だけ断捨離したりして。

 

それから、精神的に

ガックリすることがあったり、

追い詰められたような気持ちになったときも、

「逃避」のように、断捨離したりして。

 

いや〜、これ、本当に、スッキリするんです!

 

ということで、

最近では、もはや、生活の一部のように

なってきました。

 

f:id:sakuramiyuki:20180513200254j:plain

 

そんな私が、一番溜め込んでいるものが

このほど、判明!!

 

 

それは、絵本と、書類です。

 

絵本は、子供の頃から、おこづかいを

もらっては、せっせと買いためてきたもの。

 

まさか、子供の頃は、

自分が「絵描き」になるとは夢にも思わず、

ただ、その世界観にひたりたくて、

買いためていたんだよね。

 

f:id:sakuramiyuki:20180513070307j:plain

 

 

その絵本も相当がんばって、半分に

減らしました。だけど…

 

f:id:sakuramiyuki:20180513193835j:plain

 

さらに…

 

残るは、大量の紙、書類。

 

書類って…基本的に、

ほとんど、いらなくない?

だって、あんなに苦労した卒論だって

ついに捨てたんだよ?

紙なんて、ドサッといけるでしょ?

 

と思うのですが、

 

 

職業柄、A4サイズの紙にイラストを

描き続けてきたので、

ラフと原画がみんなA4サイズで。

 

それぞれに、愛着と思い出があり、

なかなか捨てられないという状況に。

 

こうなったら、ラフか原画のどっちかを

捨てようと思い、

どっちを選んだかと言ったら、なんと…

 

f:id:sakuramiyuki:20180513193937j:plain

 

鉛筆ラフには、自分が逡巡した跡が

あるから、どうも愛着があるみたいです。

 

こちらも相当がんばって、

3年くらいかけて

三分の一くらいまで減らし、

ラベリング、ファイリングし直したんですが…

 

f:id:sakuramiyuki:20180513070404j:plain

いや〜、なかなか道は遠いです。 

 

 

ま、いいか。

 

今までも、何度も

「これ以上は捨てられない!」

という壁にぶちあたっては、

放置した期間があったのですが、

 

なぜか「断捨離」という道は、

終わりがないのです。

 

また、必ず自然にやりたくなる。

 

そして、戻ったときには、前の壁は

楽々乗り越えられるように

なっているのです。

 

 

ナ〜ニ、今までも、6年半かけて

やってきたことです。

 

これからも、ストレス発散のために、

そして、身軽で集中できる生活のために、

断捨離道、歩み続けて行きます。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20180513202242j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20180513200317j:plain

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存