新・東京イラストJournal

イラストレーターのさくらみの日常絵日誌

嵐の中、お茶室へ…

台風上陸の日、

 

少し早めに、お茶のお稽古へ。

 

f:id:sakuramiyuki:20180905221335j:plain

時折、どーっと、強く吹く風。

 

日中は少しだけ

おひさまが顔を出したので、

バスを降りたところで

日傘替わりに雨傘をさしたら…

 

 わーお!

 

…飛ばされそうになりました!!

 

メアリー・ポピンズみたいに☆

 

 

f:id:sakuramiyuki:20180905220209j:plain

 

写真は、いつものように

穏やかな風景ですが、

先生のお宅のもみじも、

大きく揺れていました。

 

 

…ということで、

 

 

いつもなら、美しい窓が見えるお茶室も…

f:id:sakuramiyuki:20170531222320j:plain

 

今日はしっかりと、雨戸で

 

閉じられています。

f:id:sakuramiyuki:20180905220100j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20180905220255j:plain

 

ご挨拶して、中に入って、

 

ふぅ〜…

 

奥からは、いつもの皆様の

楽しそうな笑い声が。

 

 

 

お茶室に入っても、

雨戸の向こうのもみじの葉陰は、

f:id:sakuramiyuki:20180905220122j:plain

大きく揺れていましたが、

 

 

お茶室の中は…

 

f:id:sakuramiyuki:20180905220151j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20180905220222j:plain

 

 

外の嵐が嘘のよう。

 

静かで、和やかで、凛と整った時間が、

いつもと同じように、流れていました。

 

f:id:sakuramiyuki:20180905220233j:plain

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20180905220134j:plain



お軸は「無事」。

 

そう、まさに、無事。

 

久しぶりに会った先生方も、

変わらずお元気で、なんだかもう嬉しくて…

 

「変わらず」が続くこと。

それこそが、

本当にありがたいことなんですよね。

 

f:id:sakuramiyuki:20180905220050j:plain

お茶のお稽古は、私にとって、

ペースメーカーのようです。

 

日々、アワアワと暮らして、

心の軸がぶれても、

ここ、お茶のお稽古に来れば

中心に戻ってこられる…

  

f:id:sakuramiyuki:20170531222429j:plain


大切な場所なんだなぁ

 

と思いました。