新・東京イラストJournal

イラストレーターのさくらみの日常絵日誌

今年もインフルな五日間♪(と禊)

前回の更新の翌日、

私は、真っ赤になって、全身の

痛みに耐えていました。

  

f:id:sakuramiyuki:20190118120220j:plain

 

ああ、痛い…

 

今年も、がっつり

インフルエンザになってしまいました。

 

しかも発症は、予防接種の

 5日後のこと。

 

毎回、発症して数時間は

「インフルになったとは、

 どうしても認めたくない自分」

がいるのですが、

 

 

気づいたら全身の痛みに襲われ、

肩で息をしていて、

何もできない状態に急転するので、

あっけなく降参となります。

 

 

しかし、昨年はB型、今年はA型。

 

型が違うとは言え、

2年続けてなったのは、

私も人生史上初めて。

 

ここ五年ほど、風邪は引いてないのに、

インフルエンザウイルスには、

かなり好かれてしまっているみたい。

(1年間、L-92乳酸菌も飲んで体質改善

 をこころみたけど、惨敗だったな〜)

 

インフルの場合、治療法は、

イナビルという処方薬を吸入したら、

あとは特に薬を飲む必要もなく、

とにかく、とにかく、

全身の痛みに耐えるだけです。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190118120220j:plain

 

 

 

その後の経過はこんな感じ。

 

f:id:sakuramiyuki:20190118115716j:plain

 

インフルになると、予防の観点から

「5日間出禁」になるのですが、

 

4日目くらいに一回、

精神的にガクッと落ち込むときが

きます。

 

(体が楽になって精神的に余裕ができて、

 周りの人にかけた迷惑を思って、

 どんどん自責の念にかられるのがこのあたり)

 

だいたい、4日目に落ち込んでも、

遅いんですけどね(笑)

 

 

とにかく、

4日目の落ち込みも乗り越えたら、

あとは5日目。

 

翌日の「社会復帰」に向けて、

できるだけ、できるだけ、平穏に、

平和に、一日を終えたいところですよね。

 

そう。

話もここで終わりにしたいところですが、

今日はもうちょっと先があります。

 

 

それは、まさにそんなインフル休暇5日目

の夜のことでした。

 

「ピンポ〜ン」

 

…え? 

 

「こんばんは!クール宅急便です」

 

クール宅急便

 

あれ? 着日は、明日に

変えてもらったはずじゃ???

 

「印鑑をお願いいたします」

 

あわわわわ…

 

 

なんと、着いてしまったのです!

大きな、大きな

 

f:id:sakuramiyuki:20190118133905j:plain

 馬面ハギが…!!

 

発送元「東北食べる通信」さんからの

宅急便の発泡スチロールには、

こんな丁寧な張り紙が。

 

「届いたら、すぐに下処理をして、

 内臓と血合いを取り除いてください」

 

おそるおそるさわってみますと…

 

うわ〜お! めっちゃ新鮮じゃん!

 

皮は硬くてサメ肌みたいなのね、ふう〜ん。

 

…って…

 

今日はもう「ネギと卵とうどん」

くらいのささやかな晩御飯にして

平和に、静かに一日を終える予定だったのに…

 

これから「馬面ハギ」の下処理を〜???

 

…どうする?

 

…どうする?

 

 

いや、選択の余地はないでしょ。

 

 

…ということで、

f:id:sakuramiyuki:20190118115550j:plain

ドン!

 

さばく!

 

…というか、まず、皮をむく!

 

 

よいしょ、よいしょ。

f:id:sakuramiyuki:20190118115618j:plain

(あらためて見ると、ほんと大きい。

 20センチのスケール付きのまな板から

 かなりはみだしています)

 

固かったけど、皮は、

一回むけ始めれば

ピョイリリリ〜と。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190118115641j:plain

 ビローン。

 

もう、先ほどまでとは、別の魚のよう。

 

 

ちなみに、私は、これまで、

カワハギの皮も、追い剥ぎの皮も、

ねじまき鳥クロニクル』のように人の皮を

はいだことも一度もなく、

 

「人生初の皮はぎ」でしたので、

この工程で、既に、だいぶ体力を

消耗していました。

 

f:id:sakuramiyuki:20190122194912j:plain

 

 

ああ…、私の、明日のための貴重な

「復活エネルギー」が…

 

 

でも、私のもとにやってきてくれた

馬面くんの命を考えると、

ここでやめる訳にはいきません。

 

これから「内臓」を「肝」と分けて取り出し、

「肝」は冷水につけ、

 

「血と血合い」を洗い流し、

「身」は、中骨にそって三枚におろし…

 

って、

刺身おろすのも生まれて初めてなのに

なぜ、インフル休暇の最終日にこれをー??

 

 

結局、その後、格闘すること50分。

 

うちのナマクラ包丁では

うまくできず、三枚じゃなくて、

そぎ切りみたいになりましたが、

馬面ハギは、なんとか「お刺身」と

「肝とお頭のあら煮」

に姿を変えてくれました。

 

せっかくなので、もちろん、

すぐにいただきました。

f:id:sakuramiyuki:20190118140839j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20190118115654j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20190118175414j:plain

 

 ん〜! 美味しかったヨ〜!!

  

おいしかったけど、そのあとの、

キッチンのお掃除もかなり大変でした。

 

ああ、ワイルドな復活祭だったわ…。

 

おかげさまで、

今はこうしてすっかり元気になりました。

 

ありがとうございます!

 

無事に『禊』も済んだということで、

気持ちを切り替えて、

またトコトコと、進み始めたいと思います。

 

(さすがに来年はなりたくないヨ…)  

 

☆「東北食べる通信」☆

tohokutaberu.me