新・東京イラストJournal

イラストレーターのさくらみの日常絵日誌

ふるさと「御茶ノ水」を通ってみたら…

f:id:sakuramiyuki:20190129210018j:plain

 

久しぶりに、懐かしい駅に

降り立ちました。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190129210335j:plain

 

この木の屋根!

 

私が子供の頃から

全然変わってないような気がする〜!

 

f:id:sakuramiyuki:20190129210226j:plain

 

生まれてから数年は、

おそらく父母に抱っこされて、

(あるいは兄と手をつないで)

家に帰るためにときどき通った駅舎。

 

小学生の後半は、引っ越した町から

ランドセルを背負って

大好きなよっちゃんと一緒に

毎日この改札を通った。

(電車通学の片道は45分)

 

中学のときは、さすがに他の駅から

通うことになるだろうと思いきや、

 

校舎の建て替えがあって、

またも、この駅が通学路になり、

(多感すぎる青春の時期よ…)

 

大学のときは、

父の入院の付き添いで、

この駅にしょちゅう降り立って

(忘れられない…)

 

f:id:sakuramiyuki:20190129210311j:plain

もうね、とにかく、

思い出がいっぱい。

 

御茶ノ水駅」の聖橋(ひじりばし)口。

 

ここだけ、取り残されたように、

ずうっと変わっていないのは、もはや奇跡。

 

あまりにも細胞に刻まれてしまったので、

34才のときには、

この出口から1〜2分のところに

個人事務所を借りてしまいました。

  

(子供の頃よく遊んでいた

 太田姫神社さまでお願いしたら、

 嘘みたいに家賃が安い優良物件が

 出たのでした。

 今考えても、ほんとに不思議です)

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190129211332j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20190129213431j:plain

 

思えば34才は、

私にとっていわゆる

「人生のターニングポイント」で、

 

いろいろなことがあって、

ニューヨークから帰ってきて、

ものすごく心が凍えて、

弱っていた時期でした。

 

あらゆることを、全部ゼロから

やり直すしかなかった時期。

 

そんなとき、

「もう一度、人生がんばろう!」と

立ち上がるのに、力を貸してくれたのが、

私にとって特別なこの場所、

懐かしいインスピレーションをくれる、

この駅、この場所だったのです。

 

f:id:sakuramiyuki:20190129214429j:plain

 

ああ、でも…

 

f:id:sakuramiyuki:20190129214518j:plain

 

橋の上から見ると、

一目瞭然なのですが、

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190129214556j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190129214622j:plain

 

今、御茶ノ水駅では、

ものすごく大掛かりな改修工事が進行中です。

 

 

「古くて小さい聖橋口」は、間もなく、

跡形もなく消えて、 

「近代的でおしゃれな聖橋口」へと

姿を変えるでしょう。

 

交通の要所でもある「御茶ノ水駅」の

聖橋口だけが、なぜか今までずっと、

小さくて古かったのですから、

変わるのを心待ちにしている人の方が

多いかもしれません。

 

 

工事は、とても丁寧に、そして大胆に

進められているようです。

耐震性や、神田川の風景なども

考慮されて、新しい時代に向けて、

生まれ変わろうとしているんですね。

 

 

そう、形あるものは姿を変えてゆく。

 

時の流れは、いかんともしがたく。

 

ふるさとの風景は、移りゆきます。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190129215856j:plain

 

 

 

でも、変わらないところも少しは…?

 

f:id:sakuramiyuki:20190129220044j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20190129220027j:plain

氏神神田明神さま)


 

f:id:sakuramiyuki:20190129220128j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190129220232j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190129220240j:plain

(境内にオシャレなカフェ&

 江戸みやげどころができていてビックリ。

 

「商売繁盛」で有名な神さまですからネ…)

    ↓

edocco.kandamyoujin.or.jp

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190129221114j:plain

(こちらは孔子像で有名な湯島聖堂。

  《注:もと昌平坂学問所。湯島天神とは違います》

 

 ここは相変わらず、ガラ〜ンとして、

 いさぎよいほど、何も無かったです。

 しぶい、黒塗りの門!〕

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190129221251j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190129221304j:plain

 (ニコライ堂は、

 ワテラスのビル群に、空を

 奪われてしまった)

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190129221450j:plain

 

太田姫さまの前の

クスノキの所まで来て…

 

ほっ。

 

 

変わりゆく東京。移りゆくふるさと。

 

 

でも、ふるさとよ。

 

私の魂は、ここに来ると、震えます。

 

小さな道の幅ひとつ取っても、

この身体が覚えてる。

 

ここが原点だよって、町の空気が

教えてくれる。

 

だから、大好きです。

これからもずっと…

 

f:id:sakuramiyuki:20190129221251j:plain

 

 ありがとう。