新・東京イラストJournal

イラストレーターのさくらみの日常絵日誌

ホームベースはどこに?(お花見3)

f:id:sakuramiyuki:20190329122822j:plain

今回、お花見はどこでしよう…と

思ったとき、

 

昨年11月まで住んでいた家の近所で、

毎年、私が元気をもらっていた、

桜の木のことが、

真っ先に思い浮かびました。

 

  

そうだ、久しぶりに

彼女に会いに行こう!

 

f:id:sakuramiyuki:20190329122918j:plain

 

こんにちは〜。

 

あれっ?

ちょっと枝を

切られましたか?

 

(昨年の姿↓)

f:id:sakuramiyuki:20190329152838j:plain

 

 

(その前の前の年の姿↓)

f:id:sakuramiyuki:20190329153529j:plain

 

今年の姿↓

f:id:sakuramiyuki:20190329122918j:plain

 

うわぁ

結構ばっさりでしたね。

 

痛かったでしょ?

 

でも…

f:id:sakuramiyuki:20190329122953j:plain

今年もやっぱり、

とてもキレイですよ。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190329153038j:plain

 

 

実は、

この辺りに来たのは、5ヶ月ぶり。

 

歩いているうちに、

街の空気がぴったりと肌になじんで、

 

自然と安定した氣持ちに

なっている自分に、

ちょっとおどろきました。

 

f:id:sakuramiyuki:20190329154411j:plain


 

…そっか。

 

18年も暮らした街だもんね。

 

その間に、

離婚したり、留学したり、恋愛したり、

大勢の仲間ができて大騒ぎしたり、

入院&手術で、病院から他の病院に

緊急搬送されたり、

 

そして、母を亡くしたり、

 

いろんなことがあった。

 

ああ、

私の両足がしっかり地面に付いている

のが分かる。

 

落ち着くなあ…

 

f:id:sakuramiyuki:20190329163344j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190329123106j:plain


 

この5ヶ月間、

 

引っ越した町の、にぎやかさ、楽しさに

ずっと目を奪われていて、

 

この街のことはすっかり忘れたつもりで

いたのです。

 

 

でも、実際には、

 

引っ越し先での私は、まだ、

遊園地を楽しむような「非日常感」で、

足もとがフワフワしているみたい。

  

どうやら、 土地とつながるって、

理屈じゃないようです。

 

f:id:sakuramiyuki:20190329123145j:plain

 

私の中には、

今まで住んできた土地が

何層にも積み重なって

残っているのでしょう。

 

 

でも、今回気づいたことがありました。

 

それは半蔵濠のお堀の水を見たときにも

思ったのですが、

 

あのお堀は、

私の「外」にあるんじゃなくて、

私の「中」にあるんだ、

と思ったのです。

 

f:id:sakuramiyuki:20190329154454j:plain

 

 

この大好きな桜の樹も、

f:id:sakuramiyuki:20190329122918j:plain

私の中にずっとあって…

 

 

亡き母と楽しく暮らした家と、

その記憶も、

 

長く慣れ親しんだこの土地も、

 

これからもずっと、

私と共にあるのだと。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20190329123248j:plain

 

正直に言ってしまうと、

今回の引っ越しは、

生まれ育って、住み慣れた土地から

無理に追い出されたような気持ちが

ずっとどこかにありました。

 

もちろん、最終的には

自分で選んだことなのです。

 

でも、いろんなことを「仕方ないよ」と

ひとつひとつ割り切って、

決めていく過程があり、

 

それはやはり、さびしさを伴うものでも

ありました。

 

f:id:sakuramiyuki:20190329153846j:plain

 

 

でも、この街は、これからも

どこにも行かない。

 

ずっと私の中にある。

 

f:id:sakuramiyuki:20190329154953j:plain



新しい町がホームベースになるまでには、 

またきっと、

同じだけ時間がかかるのでしょう。

 

でも、過去は

私の背中を押してくれます。

 

だから、前を向いて、

その過程を、ゆっくりと楽しもうと

思っています。

 

 

本日更新の記事ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

sakura-cafe.hatenablog.com
sakura-cafe.hatenablog.com