新・東京イラストJournal

イラストレーターのさくらみの日常絵日誌

益子旅、おすすめです♪

f:id:sakuramiyuki:20191004085942j:plain

9月の終わり、益子へ。

 

益子とは益子焼きの「益子」です。

 

f:id:sakuramiyuki:20191004090229j:plain

写真は、陶芸家濱田庄司さんの記念館

「益子参考館」にて。

 

f:id:sakuramiyuki:20191004090111j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20191004090129j:plain

佇まい、どっしり焼かれた作品や収集品、

素晴らしかったです。

 

 

益子は、東京からは

約3時間半。

 

電車を乗り継いでたどり着くまでには

ちょっと時間がかかりましたが、

駅の観光案内所で、

電動自転車をレンタサイクルをしたら、

あとはスイスイ♪

 

f:id:sakuramiyuki:20191004090634j:plain

こちらは益子のメインストリート。

坂に沿って、ずーっと陶器のお店が並びます。

 

どのお店も、それぞれの趣向で

見ていて楽しく、

あっという間に時間が経ぎてゆきました。

 

f:id:sakuramiyuki:20191004091032j:plain

もちろん、美味しい休憩も入れつつネ。

 

 

 

夕暮れ時、里山の風景は美しく…

f:id:sakuramiyuki:20191004091054j:plain

 

金色の稲穂の波がさーっと…

f:id:sakuramiyuki:20191004091122j:plain

 

 

 

翌朝は、森へ。

f:id:sakuramiyuki:20191004093227j:plain



 

f:id:sakuramiyuki:20191004091232j:plain

 

「益子で、まっすぐ森に行くお客様は、

 ちょっと珍しいですね」

と言われました笑

 

 

f:id:sakuramiyuki:20191004091430j:plain

ずっと行ってみたかった

「スターネット益子」にも。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20191004093354j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20191004091518j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20191004093419j:plain

素朴なのに、さりげなく、センスがよくて…

 

陶器との対話も楽しかった。

ゆったりした時間が流れました。 

 

starnet-bkds.com

 

☆お宿もよかったですヨ。露天風呂あり。

益子館里山リゾートホテル

 

☆せっかくなら、SLに乗っていこう!

f:id:sakuramiyuki:20191004095152j:plain

実は、益子まで、下館駅から

真岡鐵道SL」に乗って行ったのですが、

 

生まれて初めて乗った、本物のSL。

煙はすごいし、音もすごい!

 

「咆哮」…というのでしょうか。

生きているみたいで、

その叫びに全身で聞き入り、

お腹の底まで響きが共振しました。

 

宮沢賢治の物語「セロ弾きのゴーシュでは、

具合の悪い動物たちが

ゴーシュの弾くチェロの穴の中に入り、

 

穴から出てきたときはクラクラして頭を

ぶつけながら出ていくのですが、

その後病気が治って、それを聞きつけた

他の動物たちがぞくぞくと治療したいと

やってくるお話になっていますが、

 

まさにそんな感じ!

あのすさまじい咆哮の中にくるまれ、

お腹まで響かせたら…

 

なんだか自分の中にたまっていた「ねじれ」

がほどけて、調律されていくような、

そんな不思議な感覚になったのでした。

 

SL、また乗ってみたいです。

 

www.moka-railway.co.jp

 

益子は、東京からの一泊二日には

ちょうどいい感じで、

充実の旅ができると思います。

おすすめは、電動レンタサイクルを

使うこと。

坂もスイスイです。