新・東京イラストJournal

イラストレーターさくらみの日常絵日誌

して…いた…♪

f:id:sakuramiyuki:20210702154753j:plain

(して いた と字を離したのは、

 ドラマ『リコカツ』の米津さんの

 歌を意識して、悲しみを表現して

 みました。笑)

 

さて、ローリングストックですから、

「食べたら、その分買い足して」

常備しておくストック。

 

なのに、なのに、

 

まさかの

「サトウのご飯 小盛りパック

 3個入り」が

2ヶ月も前に期限切れして

いました。。。はうう

 

ゴメンなさい…

 

期限切れしてても、最終的には

モチロンいただきますし、

(半年くらいのうちには)

 

いろいろ事情もあって、

仕方ないとは言え、

 

「大切な白飯さま」を期限切れとは、

ちょっとチクチクしました。

 

今、炭水化物を食べるのが

3食のうちの「昼」だけ。

 

しかも、お昼どき、家にいるのが

週2回くらい。

 

外出時は、大体、

町カフェのチェーン店に入って

サラダとパンか、

サラダとパスタか、

サラダとスープ、

という組み合わせになるので、

 

せめて、週2回、

家にいるお昼には、

「真っ白いご飯を食べたい!」

となるのですが。

 

お世話になっている方から、

美味しい「おこわ」や「お赤飯」を

いただいたり、

 

お寿司をどうしても食べたくなったり、

 

先日のように急に

「オムライス」のユーワクに負けたり、

f:id:sakuramiyuki:20210610115619j:plain

 

 

家で、お高めのラーメンを

作ってみたり。

f:id:sakuramiyuki:20210702181955j:plain

(『行列のできるラーメン』でさえ

2食入りで税込371円なのに、

西友で、1食入りの税込493円、

『(湯河原)飯田商店』

の醤油らぁ麺を、初めて見つけた

ときは衝撃だった…。

でも、間違いなし。美味しい!)

  

あと、コロナで

なかなか行けなくなった

お気に入りのカフェで、

「せめてテイクアウトを」

という事情も入ってくるので、

 

どうしても

家の白米を食べる機会が減り、

 

冷凍してある「炊きたてご飯」

でさえも、最近はなかなか減らない、

 

となると、

「サトウのご飯」もローリング

しようがない、ということに。

f:id:sakuramiyuki:20210702154753j:plain

ずっと ずっと ずっと

期限切れして いた…

米津さんのあの「して いた… 」

の「いた」は、きっと、

イタイ…の「いた」という意味も

含んでますよね???

 

期限切れって、切ないですね(t▽t)

  

f:id:sakuramiyuki:20210702164352j:plain

千代田区のオフィス街にも

ハキダメギク」(掃き溜め菊)が。

 

f:id:sakuramiyuki:20210702164452j:plain

世田谷区の

ゴミ捨て場で見つかったので

こんな名前に。

でも、かわゆい!!

 

f:id:sakuramiyuki:20210702164520j:plain

ツユクサもしっとりと

 

「して いた♪」

はうー

 

小さき世界=大きな世界♪(後編)

(記事があまりにも長くて表示が

 遅くなってしまったので、

 二つに分けました。前編はこちら

 

さて、

宿敵の「桐」との仁義なき戦い

 

実は

f:id:sakuramiyuki:20210617174837j:plain

前回お伝えしたこの2箇所の他にも

もうひと茎、太いのを見つけました。

 

何と、こんな目立たない所に

入り込んでいたんです。

f:id:sakuramiyuki:20210615215925j:plain

上は↑6月8日の様子。

 

それが15日(一週間後)には

こんな!

f:id:sakuramiyuki:20210615215947j:plain

ニョッキリと前に〜!

 

アブナイ、アブナイ。

ズルズルと引っこ抜いて、

除草剤をかけました。

 

ううむ。

これからも、油断せずに

「桐パトロール」は続けなければ。

 

ちなみに除草の翌日、たまたま

近所のファミレスに行ったら

その駐車場に、親分がいました。

 

驚かないでくださいよ。

 

f:id:sakuramiyuki:20210617175131j:plain

うわー、でかっ!

 

もはやお化けです。

 

f:id:sakuramiyuki:20210617175223j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20210617175239j:plain

傘にできそうなくらい

大きい葉。

 

コワイ、コワイ。

 

よく線路際にも、お化けのように

大きくなった桐を見かけますが、

放っておくと、どんどん

伸びて、大きくなるそうです。

 

しかし、うーん、こんな所に

大親玉がいたとは…

 

「おい、お前!

 昨年、うちのナンバー2を、

 根っこから引っこ抜いて、

 亡き者にした女がいたよな?

 あいつのマンションに行って、

 落とし前つけて来い!」

 

なんて言って、子分を飛ばして

来ているのかも。

 

ますます気をつけなくちゃ!



と言うことで… 

f:id:sakuramiyuki:20210611205230j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20210611205245j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20210611205311j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20210617173359j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20210617174305j:plain

    ↓

    ↓

    ↓

f:id:sakuramiyuki:20210617174724j:plain

みんな、一旦、さようなら〜!

 

前編、後編に渡って

お送りしてきた、

私の「柵越え大冒険」も、

そろそろ(やっと?)

終わりに近づいてきました。 

f:id:sakuramiyuki:20210618094045j:plain

 

…よかった…

無事に帰ってこられて。

 

f:id:sakuramiyuki:20210615211946j:plain

持ち帰った戦利品は、

じっくり検分させていただきました。

やっぱり、カワイイ。

 

ちなみに、ベランダの中にも

一つ、切っても切っても、

伸びてくる子がいまして。

f:id:sakuramiyuki:20210617175813j:plain

さて、どっち??

葉っぱの裏が、白ければ

日本のハーブとも言われる

ヨモギ

 

そうでなくて、緑のツルツル

だったら、花粉症の原因にもなる

ブタクサ。

 

結果は…

 

緑のツルツルでした☆

 

この子は様子を見て、

またカットすることに致しましょう。

  

 

それにしても、

7歳の時からマンション住まいで、

今まで、いろんな所に住みましたが、

雑草が生えてくるベランダは

初めてで、

つまり「雑草初心者」だった私。

 

でもきっと、慣れている人にとって

除草は「恒例の隔月行事」で

当たり前の習慣なのでは?と思い、

「一軒家」にお住まいの友人知人に

お知恵を拝借しました。

 

やっぱり皆さん、雑草の除草と

花壇の両立では、いろいろ

ご苦労&工夫されていらっしゃるん

ですね。

 

ホント勉強になりました。

 

そして私は、

雑草の本を3冊読んだ翌日から、

町を歩いたり、

電車に乗ったりするのが、

妙に楽しくなりました。

 

何しろ、雑草としょっちゅう

目が合ってしまうんです。

 

屈んで見てみて、もし小さな花でも

ついていようものなら、

「うわ、カワイイ〜♡」と

マスクの中で独り言が出ます。

 

こういう所は特にヤバい…

f:id:sakuramiyuki:20210617180217j:plain

時間を忘れてえんえんと

見てしまいます。

 

 

帰るとまた、 

f:id:sakuramiyuki:20210617172055j:plain

 

電車の中でも、

小さい雑草辞典をリュックから

取り出し、

雑草の名前をせっせと

覚えています。

 

雑草は、目に入らない時は

何となくそこにいる、

小さきものたちですが、

踏み込んでみると、膨大な世界。

 

小さき世界=大きな世界!

 

いやはや、この世の全ては、

本当に「入れ子」、相似形ですね。

 

世田谷線は、昨年もブログで

お伝えした通り、 もともと

雑草がボーボーに生えている

路線なので、楽しみは倍増です♪

 

ちなみに世田谷線

特に今年は、スギナの繁殖が

すごいことになっております。

f:id:sakuramiyuki:20210617183317j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20210617183331j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20210617183602j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20210617185533j:plain

上記はまだ4月中旬の写真

なんですが、その時点ですでに

こんなにフッサフサ。笑

 

さすがです、世田谷線(*^▽^*)ノ

 

私も見習って!?

これからも、雑草と

仲良くしていきます♪

 

 Let's enjoy the small(&BIG!!) world♪

 

小さき世界=大きな世界♪(前編)

 

f:id:sakuramiyuki:20210617172055j:plain

 

その後、雑草図鑑を三冊購入し、

見比べながら、だんだん

正体が分かってきた、

我が家のベランダの「外の子たち」。

 

f:id:sakuramiyuki:20210608225011j:plain

ベランダの柵の向こうは、

狭いところで50センチ、

広いところで2メートルくらい。

 

下の階の、いわゆる、

屋根の上のスペースに当たる場所です。

 

広さは十分!

しかし、柵を乗り越えるのは、

やはりドキドキ…

 

事前の準備が大切です。

 

f:id:sakuramiyuki:20210618093739j:plain

 

せっかくなので!?

記録した雑草たちを

いくつか、ご紹介します。

 

まずは分かりやすい所から。

f:id:sakuramiyuki:20210611205230j:plain

オオバコ。

踏まれて増えるのは、

葉っぱにヒミツがあり、

柔らかさと固さを併せ持って

いるからなんですって。

  

苦労するかなと思ったけど、

意外に簡単に抜けました。

 

f:id:sakuramiyuki:20210611205245j:plain

続いては、カタバミ

クローバーに似た葉っぱで

ハート型。

 

夜は、葉っぱを外側にしぼませて

眠るんだって。

カワイイ。

 

ちなみに、ロケット型の物は

「さや」 

 

実がはじけ飛んで

どんどん増えるので、注意!

とのこと。

 

それを知ったあと

他の場所でもカタバミを見つけたら、

f:id:sakuramiyuki:20210615210554j:plain

ヤヤッ!!!

ロケット砲が一斉に上を向いて

発射準備中。

 

こりゃ、増えるワケだ…

 

とりあえず、

引っこ抜いてみたら、

ものすごく長くて深い根っこが

ズルズルと出てきました。

 

カワイイけど、

やっぱり、甘く見ちゃいけない

ですね。

 

 続いてこちら。

f:id:sakuramiyuki:20210611205311j:plain

ウラジロチチコグサ。

葉の裏が白い、父子草です。

 

「枯れたような渋い花」が特徴で、

この子も、すでに、色んな場所に

散開していました。

 

春の七草の一つとなっている

母子草の華やかさに比べると、

父子草のほうは全般に地味

なんだそうで。。。

 

色白の枯れたお父さんって

感じでしょうか。

f:id:sakuramiyuki:20210615211735j:plain

結構、簡単に引っこ抜けました。

 

お、お父さーん!

 

でも、こんな穏やかで

優しいお父さん、好きです。

 

お花も地味だけど

可愛かったですよ。

 

続いて、塀よりも

高く伸びていた草。 

f:id:sakuramiyuki:20210617173359j:plain

この草は、本当によく見ますよね。

 道路の脇で、駐車場で、線路脇で。

 

いくつか写真を撮ってきて、

画像をまとめてみました。

f:id:sakuramiyuki:20210617173751j:plain

 

「ああ、ハイハイ。あの草ね!」

 

と、きっと皆さん、パソコンの前で

うなづいていらっしゃるでしょう。

 

この形状の葉っぱを見つけたら、

大体、オオアレチノギクか

姫昔ヨモギだそうです。

 

見分け方は割と簡単で、葉が

ビロードのような手触りなら

オオアレチノギク。

 

これは、見ての通り、

ものっすごく太くて、

引っこ抜こうとしても、

なかなか抜けませんでした。

 

強い!

f:id:sakuramiyuki:20210615212253j:plain

次からは大きくならないうちに

見つけましょう。

 

  

続いて、はからずも

「豊かな植生」となって

しまった排水溝周り。

f:id:sakuramiyuki:20210617174305j:plain

 

●食用にもできるノゲシ

●猫じゃらしで有名な

エノコログサ

●侵略外来ワーストで有名な

セイタカアワダチソウ

●スマートなネジバナ

 

そして真ん中に

●オオアレチノギク

 

 

ノゲシ

f:id:sakuramiyuki:20210615211946j:plain

ギュッと巻いている蕾が可愛くて

もうちょっと観察してみたかったけど、

ベランダの柵を越えることは

そうそう無いので、

えいやっと引っこ抜きました。

 

とにかく、排水溝の周りは、

除草しがいがありました。

f:id:sakuramiyuki:20210615213822j:plain

特に、セイタカアワダチソウ

小さいうちに見つけられたのは

ラッキーだったかも。

大きくなってしまったら大変ですから。

 

排水溝のくぼみには、

他の植物の枯れた根っこの

隙間に土がたまり、まるで

一枚のフカフカのじゅうたん。

 

天然の「花壇」になっていました。

 

こうなったらもう、

雑草にとっては、天国ですよね。

 

今回、土のじゅうたんごと

ごっそり取り去り、

排水溝の隙間までお掃除。

(あ、ネジバナは残しました)

f:id:sakuramiyuki:20210617174724j:plain

嘘みたいにキレイになっちゃって、

ちょっとサビしい。笑

 

これで、大雨が来ても安心かな。

 

 

そして、宿敵の「桐」。

 「桐」については、今回、

恐るべきものを発見しました!

 

と言うことで、後編に続きます。

 

 

 

いつの間に…?

f:id:sakuramiyuki:20210608220308j:plain

気付いたら、

網戸のある側の窓に

汚れのスジができていました。

 

f:id:sakuramiyuki:20210608220432j:plain

たぶん…大雨の降った時かしら。

その前に黄砂も飛んでいたし。

 

思えば網戸は、

お正月前に掃除しようとして、

 

寒くて挫折し、

 

友人が遊びに来ることに

なったとき「今度こそ!」

と思ったのに、

 

緊急事態宣言で挫折し…

 

ずっと気がかりながらも

「まー、いいか!」

と思ってきたのですが、

 

このたび、窓に

見事なスジがついたのを見て、

ついに決行することに。

 

ローラー部隊、出動です!

 

f:id:sakuramiyuki:20210608221022j:plain

 

出るわ、出るわ、真っ黒な水!

 

ちなみに網戸ローラーとは

これです。

the360.life

 

毎回思うのですが、

窓のそうじは、カンタンなんですよね。

 

スクイージー「硝子職人」

という洗剤さえあれば

あっという間に終わります。

 

問題は、窓ではなく、網戸

 

網戸はなかなか曲者

 

結局、網戸がキレイにならないと、

窓もすぐに汚れてしまいます。

 

全身に黒い飛沫を浴びつつ、

網戸ローラー作戦

何とか頑張りましたが、

 

正直、まだちょっとだけ汚れが

残っています。

 

やっぱり、アレですかね?

 

「そろそろケルヒャー?」

 

そう思いつつ、引っ越して3年

経ってしまいましたが、

 

次回こそ、ケルヒャーかな。

 

 

他にも、最近「あれっっっ?」

となったこと。それは…

f:id:sakuramiyuki:20210608223257j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20210608220432j:plain

いやー、覚えてないんですよね。

 

他にも、ゴミ箱の後ろとか、

ガス台の反対側の壁とかにも、

気づくと「いつの間にか」

何かの調味料が

飛び散っていたりします。

 

そして、時間が経過して

乾いてしまった調味料汚れは、

万能洗剤「ウタマロ」くんでは

もはや落ちません。

 

「アビリティクリーン」

という強めの洗剤を吹きかけて、

ラップをかけて、数分放置。

 

ヘラでこそげ取ります。 

 

それにしても、

この季節は、そうでなくとも、

カビも増える時期だし…

 

「いつの間に…?」はまだまだ

起こりそう。

 

と言うか、そもそも

「いつの間に…?」は

日常生活の中にたくさん

潜んでいるのでは?

 

例えば、

 

いつの間にか、

2021年も残すところあと半分、

に近づいてきていますし、

 

いつの間にか、

老眼は順調に進んでいるし、

いつの間にか、

びっくりするほど年を取っていたし…

 

前回のブログ記事の、

エコバッグがほころびていたのも

「いつの間にか」だったし、

 

まさか東京で

インコが野生化していたなんて、

ホント「いつの間に…?」だし、

 

f:id:sakuramiyuki:20210629215427j:plain



「いつの間に…?」

って、実は、日常生活の

パートナーなの?

 

いや、人生のパートナー??

 

この世は「いつの間に…?」の

ワンダーランドなの???

 

ちなみに、私にとって、

今、最大に悩ましい

「いつの間に…?」は、

 

こちらです。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20210608225011j:plain

 

ベランダの柵を乗り越えた

向こう側、

つまり「外エリア」

(屋根の上)の雑草たち。

 

f:id:sakuramiyuki:20210608230842j:plain

これくらいなら

「うふ、可愛い♪」で

終わるのだけど

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20210608225111j:plain

ちょ、ちょっとー!

 

f:id:sakuramiyuki:20210608220432j:plain

そんなに大きくなって!

 

少し遠くの排水溝の方も、

f:id:sakuramiyuki:20210609000424j:plain

 

ちなみにこれ↓は

5月14日時点の同じ場所。

f:id:sakuramiyuki:20210609000501j:plain
 

こんなに小さかったのが、

1ヶ月もしないうちに、

今じゃこう。

f:id:sakuramiyuki:20210609000424j:plain

 

はうううううーっ!!

 

f:id:sakuramiyuki:20210608233835j:plain

 

しかも、お花が…

 

f:id:sakuramiyuki:20210608225633j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20210608225606j:plain


可愛く咲いちゃったりしてる!

 

(調べたら『ネジバナ』と言うそうです。

 右巻きと左巻きがあるらしい)

 

f:id:sakuramiyuki:20210608232013j:plain

こっちは…花? 

それとももう実になった姿なの??

 

f:id:sakuramiyuki:20210608225743j:plain

 

可愛い色の三つ葉の先には、

何か、ロケット型の

タネみたいなのが出ていて

気になります。笑

 

 

 

ドキッとしたのは

f:id:sakuramiyuki:20210608225837j:plain

桐!

 

 

下の写真が5月14日。

f:id:sakuramiyuki:20210608230034j:plain

 

これが今。

f:id:sakuramiyuki:20210608225837j:plain

ヒャー、育ってるぅー!

 

桐とは、昨年もこんな格闘を

しておりまして

 ↓

「屋根の上で、お悩み解決」の巻♪ - 新・東京イラストJournal

sakura-cafe.hatenablog.com

 

無事に生えてこなくなったと

思っていたら、別の場所から。

 

しかも、他の所でも。

f:id:sakuramiyuki:20210608231304j:plain

こっちはまだ小さくて

シソみたいですが。

(写真は寄りで撮ったので

 大きく写っています)

 

ああ〜

 

引っ越して3年目に、初めて

こんなになったということは、

今までは不動産会社さんの方で

撒いてくれた除草剤が効いていた

ということなのでしょうか。

 

ちなみに、もう一つのベランダは

塗装されているので、何も生えて

きません。

 

と言うことは、やはり

生コンクリがダメなのね。

 

 

とりあえず、

桐と、排水溝辺りの草は、

すぐに引っこ抜くとして、

 

他のは可愛いから、

放置しておいていい?

 

それとも、やっぱり、

太くなってコンクリート

突き破る前に何とかすべき??

 

 

とりあえず、 

まずは『雑草辞典』を買います。

 

そして、種類を調べて、

太く育つ樹々なら早めにパチン、

でしょうか。

 

いやはや、恐るべし。

 

一体、「いつの間に…?」は、

「いつの間に」

忍び寄っているんでしょうか。

 

皆さんの背後にも…

 

今夜、こっそりと、

「いつの間に…?」が

忍び寄っているかもしれません。

f:id:sakuramiyuki:20210608233923j:plain

 

 キャー!!

 

お気をつけくださいませ〜!

 

 

レッツゴー、三匹♪

f:id:sakuramiyuki:20210608213211j:plain

 

破れたりほつれたりなら、

つくろうけれど、

色あせたときは、さよならの時…

 

って「恋」の唄?

 

いえいえ、

そんなに深い話じゃありません(笑)

 

お気に入りのマイエコバッグの

持ち手が、いつの間にか「盛大に」

ほころびていたという、ただ

それだけの話。

 

丈夫な作りだったけど、

重いものを入れてさんざん

持ち歩いたあげく、

ひんぱんに消毒したり、

洗濯機で洗ったりするので、

ほころびるのは当たり前ですよね。

 

モチロン、繕い合わせて、まだまだ

使います!

 

f:id:sakuramiyuki:20210608213826j:plain

一方こちらは、東京柄のバッグ。

小さいサイズなのがすっごく便利。

 

たい焼きに、パンダ、桜に、招き猫、

おにぎり、東京駅、山手線、

スカイツリーに東京タワーと、

外国人気も見込んだ!?

トーキョージャパンな柄。

 

気に入っていたのですが、

さすがに色あせてしまい、

汚れも目立つようになったので

引退となりました。

 

お買い物用のエコバッグは、

やっぱり消耗品なんですよね。

 

「必需品、必需品♪」と言って、

いそいそと新しい柄の袋を

買いました。

 

楽しかった♪

  

さて、今日はもう一絵。

f:id:sakuramiyuki:20210610115619j:plain

先日のお昼、オムライスを

食べました。

 

ケチャップは、普段

めったに食べないんですが、

オムライスが食べたくなるときって、

やっぱり、

ケチャップの味が恋しくなった

ときなんですよね。

 

それに加えて、今、炭水化物は

お昼に少ししか食べない習慣に

なっているので、

何というか、もう

脳に突き刺さるようなおいしさ!

 

背徳の味、

しびれるように、おいしかったです。

 

ちなみに、付け合わせは

オーブントースターで焼いたしめじ。

 

野菜も、キノコも、

シンプルに焼いたのが

一番おいしくて好きです。

  

最後に、おまけの、もうひとネタ。

(というか、本日の本題!?)

f:id:sakuramiyuki:20210610210718j:plain

 

まばゆい朝の光の中、

 

妙に青空に「ばえる」キミドリ色の

三羽。

 

何だか、とっても楽しそうに

おしゃべりしているんです。

 

そのむかし、

「電線に(あ、ソレ♪)

 スズメが、三羽とまってた♪」

という歌がありましたが…

(ちなみに、これを知っていると、

 年代がバレます)

 

電線にとまっていたのは、

スズメではなく、

三羽のインコ!?

 

写真を撮る暇がなかったのですが、

電車に乗ってから

「インコ、電線、東京」で

ソッコー、ググりました。

 

すると、ありました!

「東京で、インコが野生化」の

記事が。

  

名前は「ワカケホンセイインコ」。

首に輪をかけたような柄が

あるので(オスだけ)「ワカケ 」

ホンセイは「本青」と書くのだそうです。

 

f:id:sakuramiyuki:20210629215427j:plain

それにしても、

南国にいるみたいで

ちょっと楽しかったわ〜。

 

そして、何だか「自由!」を

感じたんですよね。

 

私の大好きなトンデモ話に

「地球上のカラスは、

 実は、地球を偵察中の

 宇宙人である」

というのがありまして、

 

ウソか誠かは、実際、

どっちでもいいのですが、

 

その説が面白くて、とても

気に入っている私としては、

インコは、キミドリ色の

 新種の宇宙人

と考えると、ヒジョーに楽しいです。

 

三羽の宇宙人、何のおしゃべりで

盛り上がっていたのやら。

 

もし、また彼らに

出会うことがあったら、

写真を撮って、こちらのブログで

ご報告しますね!

 

 

f:id:sakuramiyuki:20210610213624j:plain

 

5月中旬の記事に載せた黄色い花

キンシバイヒペリカム)は、

 

もうほとんど、

真っ赤な実に姿を変えて

いました。

 

f:id:sakuramiyuki:20210610213706j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20210610213651j:plain

 

われらが地球は色とりどり♪ 

奇跡の星〜♪