新・東京イラストJournal

イラストレーターさくらみの日常絵日誌

夏のゆる絵日記(2)おこもりの夏

今年の夏、休みの日は、とにかく、

家にこもっています。

 

一日中、家にいると、

大好きな珈琲はもちろん、

常備してある、いろいろなお茶を

飲めるのがシアワセ♡

 

「ホットで」

「カフェインレスで」

色々工夫して楽しんでいます。

 

ちょっと大袈裟に聞こえるかも

しれませんが、

「家にこもること」を決断したのには

理由があります。

 

今年は、7月中旬までに2回も

熱中症になってしまったからです。

 

1回目は、6月中旬のこちら↓

 

sakura-cafe.hatenablog.com

 

ああ、今、この記事を読むと、

恥ずかしいほど、

熱中症注意」を呼びかけているな〜。

 

…なのに、そのたった1ヶ月後、

またやっちまったのね、私は。

 

ちなみに2回目は、

東京のお盆の「お墓そうじで」

でした。

 

意外にもその日は、

朝からどんよりと曇っていて、

気温もだいぶ涼しくて、

 

それでも油断せず、

ポカリを飲みながら

やっていたのですが、

 

いつの間にか夢中になり、

気づくと顔が真っ赤で、

 

あれ、私、フラフラじゃん?と。

 

今になって思えば、

 

曇っていても、

夏のお墓は危険地帯。

 

石に囲まれているし、

さえぎるものはないし、

他所より気温も、

5、6度は高いのかもしれません。

 

これから、ふるさとで

お盆を迎える皆様は、

どうか、お気をつけて!

 

とにかく、その時の私は、

そこに至ってやっと

「これ、ヤバいのかも」と

気づいたのです。

 

とりあえず、一番近い

中華屋さんを見つけて緊急避難。

 

お店のお姉さんが

びっくりするほど水をおかわりし、

 

「塩焼きそば」を食べて、

(めちゃウマでした…笑)

 

家までたどり着くまでの

”気力・体力”を、何とか確保。

 

でも、おかしな症状が出たのは、

1回目と同じく、

「翌朝になってから」

だったのです。

 

私はアニメ声で、

普段は「遠くからでもよく聞こえる」と

笑われるくらい、高めの声なのですが、

 

 

「……うう…」

 

と、のどの奥の方で

クグもって、

うめき声みたいなものしか

出て来ないんです。

 

ましてや、しゃべることなど

全くできない。

 

まるで予測したことのない事態に。

 

そのうち、だんだんと喉が

痛くなってきて、

 

やがて発熱した時は、

「もう絶対にコロナだ」と

観念したのですが、

 

そちらは結局、ずっと陰性でした。

 

解熱剤を飲んだら、すぐに熱は

下がり始めたのですが、

 

それと同時に、

痰のからんだ咳が出始め、

いわゆる咽頭炎の症状に。

 

治るまでには、

だいぶ時間がかかりました。

 

そんな、体力が消耗したところへ、

この猛暑です。

 

時間帯によっては、

直射日光が道にまっすぐ射しこんで、

日陰がなく、

 

たった数分の「地下鉄入り口」まで

たどり着くのが、

とてつもなく遠く感じる。

 

地元でも、茹だるような暑さで、

たった数分の「商店街」を通り抜けるのが

なんだか、とても長く感じる。

 

それで、決断したのです。

「この夏、休みの日は、家にこもろう。

 日中の気温が30度以下になるまで、

 外出をやめよう」と。

 

この夏は、今までと同じ対処の仕方では

やり過ごせないなと感じていました。

 

それに、熱中症3回目は、

さすがに避けなければ。

自分を守るのは、最後、

自分しかいないですもんね。

 

幸い、お茶の先生も、接骨院の先生も

そんな私の決断をあたたかく受け入れ、

いろいろと応援してくださり…

 

じ〜〜〜ん…

 

本当にありがたく思いました。

 

あらためて、

がんばろう、乗り切ろう、この夏を!

と思うことができました。

 

そんなわけで、おこもりの夏2023。

 

ちょこっと運動も取り入れつつ、

ぬるめのお風呂にものんびり入りつつ、

 

しっかり料理をして食べ、

 

甘くない飲み物を、1時間毎に

ゴクゴクと飲み、

 

楽しみながら、過ごしています。

 

みなさまも元気で、

この夏を、一緒に

乗り越えましょうネ!

 

夏のゆる絵日記(1)乳製品抜きの冷スイーツ♪

乳製品抜きの夏、

「新しいおやつ」に出会いました♡

 

それがこちら、「ごま豆腐」に

低糖度のジャムを乗せたモノ。

 

アオハタさんだと、

ブルーベリーは32度。

いちごは33度。

 

糖度40度未満になると、

正式には「ジャム」ではなく、

「フルーツスプレッド」

という扱いになるんだって。

 

お砂糖も入っておらず、

果実だけで甘味を出しているので、

保存期間も短く、

 

一度開けたら「2週間以内」に

食べ切らないといけません。

 

なので、ケチらず、

山盛りにどーんと、

スプレッドしちゃうんだー♪

 

豆腐は、固めのものが合うので、

「ごま豆腐」がおすすめです。

 

アトピー以降、

パンも全然食べなくなったので、

「ジャムももう、一生食べないかなー」

なんて思っていたのですが、

 

お茶の先生の奥様が、

手作りのジャムを作ってくださり、

 

「せっかくいただいたからには、

 是非とも美味しくいただきたい!」

ということで、

試したおやつがこちらだったのです。

 

以来、すっかりハマってしまい、

今では、この、暑い夏を

乗り切る元気の源に♪

 

ありがたいことです。

タンパク質もとれちゃうしネ。

アスパラガスに、かわいいお花が

たくさん咲き始めました。

金平糖みたいなお花なんだよね。

 

…というわけで、

今年も突然「夏のゆる絵日記」を

始めました。

 

セミが鳴き始めると、

なぜか子供の頃の

「宿題スイッチ」が入って、

絵日記を描きたくなるという。

 

今年も、ゆるゆると描いていきまーす。

 

 

和菓子、最高♡ お煎茶、最高♡

暑い日が続いておりますね。

みなさま、お元気ですか。

 

暑い時って、冷たいものが

自然に食べたくなりますよね。

 

私は、アイスクリームはもともと

お腹を壊すので食べないのですが、

昨年までは、この時期、

「大きなシュークリーム」を買って、

アーンと頬張り、

おいしさを噛み締めておりました。

 

または、冷たいヨーグルトや

プリン、チーズケーキを、

スプーンですくって、

んんん〜!と味わっていました。

 

ところが…

 

今年は、初めてアトピーになり、

乳糖不耐症」という体質に

あらためて気づいてしまったので、

 

「乳製品、乳成分のスィーツや、

 チョコ、ヨーグルトは、

 全く食べられない!」

という事態に。

 

体重は減って嬉しいのですけど、

やっぱり、ちょっと、

さびしくない…??

 

ところが、

 

なんと、これが、

全然さびしくなかったんです!

 

 

若あゆ、

わらび餅、

きなこ餅、くず餅、

ごろっと果実の入ったゼリー、

 

冷やすと美味しい和菓子が

この世にはいっぱいあることに

気づいてしまったのです♡

 

これは、スティック羊羹。

 

常温でも美味しいので、

いつも、こっそりリュックに忍ばせて

持ち歩いています。

ちょっと忍者になった気分。

うふふ♪

 

思えば、子供の頃は、

和菓子のおいしさが

全く分かりませんでした。

 

茶道を習いはじめたのが

16年前なのですが、

それまで食べていた和菓子は

大好きな「みたらし団子」だけ。

 

でも、今では、小豆なしでは

生きていけません!

 

あと、もともと大好きなコチラも。

  ↓

小袋を開けて、

パリッと一枚ずつ、

噛み締める幸せよ。

 

上は、感謝状を差し上げたい

くらい大好きな「しろえび小判」。

 

右下の2個はお醤油味が粒揃いの、

「粒より小餅」です。

 

で、こんな食生活の中で、

最近、ふと気づいたのです。

 


大の「珈琲好き」を自負する私。

 

でも、1日に飲める「量」は

せいぜい1、2杯くらい。

 

そんな自分が、

急に「お煎茶」をゴクゴク飲み出した

のには、我ながらびっくりしました。

 

よく考えてみれば、食事も

アトピーになって以来、

ほぼ「和食」になったので、

 

お煎茶を飲みたくなるのは、

当然と言えば

当然なんですよね。

 

でも、ここ10年以上、

あまりにも「珈琲一辺倒」で

暮らしてきたので、

 

「どんな食事をしても、

 最後の締めは珈琲なんだ」

と、どこかで思い込んでいた

ようです。

 

もちろん、和ものに珈琲も悪くない。

けど、和食、和菓子には、

やっぱり断然「煎茶が合う」。

 

珈琲も、これからも変わらず

大好きですが、

今年は、お煎茶にも、たくさん

お世話になりそうです。

 

電気代をケチってはなりませぬぞ

 

骨密度はバッチリなのに、

背は縮んでいくなんて…

 

人間って、想いもよらない

続きがあるんだな〜。

 

でも、体重は減ったし、

血圧も130より手前だったし♡

 

とりあえずお蕎麦屋さんで

おいしい親子丼を

いただきました。

 

 

この時期は、まだ、

クーラーをつけるかどうか、

ちょっと悩む時期ですよね。

 

電気代も、また「値上がり」

しますし…。

 

でも、

迷っている場合ではなかったと

思い知ったのは、その翌日でした。

 

ああ、爽やかな朝日の中で。

 

可愛い雑草さんたちの上に。

 

ごめんなさい。

 

いえ、お酒は一滴も飲めないし、

飲んでませんて…。

 

でも、

めまいがしているのに、

電車に乗ると、

 

本当に

 

「三半規管直撃」ですね。

 

 

「もう、1秒たりとも電車に

 揺られたくない」と

口をおさえて耐えている

自分にビックリしました。

 

いえ、更年期ですし、めまいは

よくあるんですよ。

 

だけど、今回は、

 

おそらく前日の

健康診断の絶食の時点で、

明らかに「自律神経」の調子が

狂いました。

 

もう、更年期の人に、いつもと

違うことさせるの、やめてほし〜(笑)

 

そこへ来て、いきなりの

夜の、高温蒸し風呂化です。

 

この時期は天候も揺れるので、

自律神経もユラユラ。

 

お水も飲んだし、クーラーも

つけたけど、時すでに遅し。

 

翌朝になって、熱中症めまい

となって出現したのだと

思われます。

 

熱中症は、時間が経ってから

症状が出ることもあるとのこと。

 

今回はまさに、そんな感じでした。

 

さて、これをお読みの皆さま。

 

きっとご自分は、熱中症には

ならないと思っている方も

おられるでしょう。

 

そこで、これまでにも何度か、

軽い熱中症を体験したことのある

私がお伝えしたいのは、

 

熱中症は、

思いがけない時になる

 

ということなんです。

 

自分はならないと

思っていても、なる

 

ということでもあり、

 

何度か経験した。

もう、ならないだろう。

だって、

ちゃんと気をつけているし!

 

と思っていても、なるということ

なんです〜。

 

ひ〜ん…

 

なると、結構、思っていたより

ダメージが大きいので、

(↑実体験のリアルな声)

 

皆さまも、

しっかり心と体の準備をして、

この夏を乗り切ってくださいませ。

 

あと、蒸し暑い時は、

 

クーラーをつけよ、

電気代をケチるな!

 

ということも、声を大にして

お伝えしたいです。

 

私としては、

夏になる前の洗礼、

良い教訓になりました〜!

 

 

ベッド下から、昔、雑誌を見ながら

練習描きした絵が出てきました。

私は、こういう、

すぐお隣にいるような

ステキなお母さんたちの笑顔を、

たくさん描きたいんですよね。

 

がんばるぞ♪

 

 

深層心理に向き合ってみたよ♪

 

 

こんにちは。

今月に入っても、

さらに「捨て」進んでいるヒトです。

 

色々な場所が

驚くほどスッキリしてきて、

 

先日、精神的に、ものすごく

大きな発見がありました。

 

そのことは、後ほどお話し

することにして。

 

 

まず今日は、

「開かずの間」のお話です。

 

うちのような、ちっこい家にも、

あるんですね〜、「開かずの間」が!

 

なにしろ、ベッドの下ですから、

深層心理に近いものが

入っているのは間違いない。

 

だから、きっと、

余計に開けたくないのよね〜。

 

今までも、

スプリングの掃除はしても、

ベッドの下の収納だけは、

開けることなく、ずーっとスルー。

 

でも、ついに、ついに、

その時が来たようです!!

 

 

今回は思い切って、

禁断の扉を開けに行きました。

 

 

…見る。

 

見たくないけど、見る。

 

じーっと見る。

 

すると…

 

 

 

 

私は、ノートや日記を

わりとマメにつける方で、

 

小耳に挟んだちょっと良い話や、

テレビの特集(特にブラタモリや地形)

料理のコツなど、何でもメモします。

 

なので、どんどん貯まりマス。

日記も、ノートも、

たま〜に読み返すと

面白いんですよね。

 

ただ、あまりにも溜まりすぎると…

 

見なくなっていくことも、

世の常。

 

特に、ノートの方は、

「モーニングページ」という、

よりクリエイティブになるための

脳のゴミの放水をしている時期も

あったので、すごい量になっており、

 

手に余って、つい、箱に

閉じ込めていました。

 

そんな自分の心と、久しぶりに

ご対面です。

 

 

果たして…?

 

 

実は、2022年のお正月に

「非二元」を知ってから、

生き方、考え方がまったく変わって

しまったので、

 

それ以前のものは、もう本当に

いらなくなってしまいました。

 

 

残したのは、

亡き母サチボンを描いた

小さいイラストや、

 

料理のメモ、ブラタモリなど

地形や、宇宙、地理のメモなど、

実用的なものだけ。

 

あとは全部、破いて捨てました。

 

気持ちよかった〜!!!

 

 

さて、最後に「気づき」について

お話します。

 

その気づきとは、

 

「断捨離」と、

「非二元」は、

同じことなんだ。

 

という発見でした。

 

私が普段している、「非二元」に

できるだけ近づいていくための生活とは、

 

できるだけ左脳を休ませ、

生活の中でできる瞑想

(マインドフルネスのようなこと)

をして、

 

例え、何か考えがポッと浮かんでも、

追いかけない。

 

すぐに「考えない」方に舵を切る

という生活です。

 

これをしていると、

心がスッキリしてきます。

 

それは、脳内のゴミが、

少ない状態を保てるから。

 

スッキリしていると、

ひらめきも増えるし、

モノがよく見えます。

 

ここぞと言う左脳の使い所が

わかるので、

アタマの整理もスピードアップし、

ストレスも、格段に減ります。

 

もちろん、瞬間的に、

イラっとしたり、

シュンとなったり、

ゲッと思ったり、

ええーっ?ウソ?と驚愕したりするのは

変わりませんし、

「やっちまった!」ミスも、

全く減りません。笑

 

でも、引きずらなくなってくる。

何となく、いつも、

スッキリしている。

 

で、これが、「断捨離」で

経験している感覚と、まったく同じ

「スッキリ感」なんです。

 

今回は、ベッド下。つまり、

いつも自分が寝ている場所の

下なので…

 

ここにモノが詰まっていると、

やはり気持ち的にも、どこか、

重いんですよね。

 

ここのノイズは

できるだけ早く、

無くしていきたい。

 

そういえば、

「断捨離」を提唱した

やましたひでこさんも、

「見えないところがスッキリすると、

 気持ちがスッキリするでしょ?」

と、テレビで、

断捨離をお手伝いした方に

おっしゃっていましたっけ。

 

ほんと、

まさにその通りだったな〜。

 

 


このスッキリ感は、

今、日常の中で、いちばん

大事にしていきたいことです。

 

とは言え、日記の方は

まだ手付かずですし、

 

ベッドの下には、まだまだ、

本や、イラストの下書きなど、

まだ見ていないモノが

いっぱい詰まっているので…

 

これからも、少しずつ、

捨て進んでいこうと思います。

 

紫陽花、キラキラの季節♪

 

かよちんと、料亭銀ブラしました♪

 

蒸し暑い季節になりますが、

気持ちはスッキリで、

がんばっていきましょうね♪

 

 

※思えばそもそも、

断捨離の最初のきっかけは、

アトピーの発症と、食生活の

改善からでした。↓

sakura-cafe.hatenablog.com