新・東京イラストJournal

イラストレーターのさくらみの日常絵日誌

言葉にならない思い、いろいろ

 

f:id:sakuramiyuki:20200721204412j:plain

本来なら、この時期、オリンピックの

真っ最中だったんですよね。

 

なんだか、すべてが夢のようですね。

 

梅雨が長く、豪雨も多くて、

浸水被害に遭われた方の心中、

察するに余りあり…

 

もう、無事で生きていること、

毎日、普通に暮らせていることに、

ただただ感謝の今日この頃です。

 

f:id:sakuramiyuki:20200728202816j:plain

 

今月は、言葉にならない思いも

たくさん訪れました。

 

 

 言葉にならない その1)お仕事

 

f:id:sakuramiyuki:20200729214607j:plain

f:id:sakuramiyuki:20200729214828j:plain

…いやはや…言葉にできない…

 

f:id:sakuramiyuki:20200729214912j:plain

 

言葉にならない その2)激痛ふたたび

 

f:id:sakuramiyuki:20200729215009j:plain 

結構長い間、小康状態が続いていたので、

久しぶりの揺り戻しは、

ちょっとショック☆

 

 

言葉にできない その3)漢方にしびれる

 

…そんなわけで、

かかりつけのお医者さんに行きました。

f:id:sakuramiyuki:20200729215102j:plain

帰って、早速、漢方を飲みました。

f:id:sakuramiyuki:20200729215308j:plain

f:id:sakuramiyuki:20200729215327j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20200729215354j:plain

みなさん、山椒のしびれは経験したこと、

ありますか?

 

摘んだばかりの山椒の実なんて

味わってしまった日には、もう、

大変なことになります!

 

ちなみにこの漢方、

舌で味わう必要はまったくありません。笑

 

「大建中湯」というのですが、

にんじん、しょうが、みずあめ、山椒と、

本当に身近な「食材」!?で作られて

いるんですね。

 

そして、なかなかよく効きます。

 

お腹がぽかぽかあたたまって、

今のところ、私に合っているみたい♪

 

 

言葉にならない その4)ホヤ、届く!!
 

 

f:id:sakuramiyuki:20200728202836j:plain

あわわわわわ…

 

ホヤ! ホヤ、ホーヤー!

 

f:id:sakuramiyuki:20200729220006j:plain

 

とびきり新鮮なホヤが届いたらもう、

すぐにさばくしかないのです!

 

しかし…私にホヤがさばけるのか!?

 

はい。実は、初めてじゃないんです。

    ↓昔の記事

ホヤがヤホー!! | 東京イラストjournal

 

ちなみに、とびきり新鮮とはいえ、

食べたとき、

私のへなちょこのお腹が耐えられるのか、

ちょっと心配だったのですが…

 

よーく噛んだら、大丈夫だった。

美味しかったです♡

 

→産地直送!人が手塩にかけた

 おいしいもの♪ 東北食べる通信→tohokutaberu.me

 

f:id:sakuramiyuki:20200728202859j:plain

 

ふ〜っ

まだまだあるよ〜。

 

言葉にならない その5)秋に着る夏服!?

f:id:sakuramiyuki:20200729220613j:plain

今までなんども「販」を繰り返してきた私。

 

でも、それだけに、「」ではなく、

普通の「通販」をしたい!

 

それが私の切なる願い♪

 

ということで、かなり慎重にポチりました。

 

しかーし!!

 

f:id:sakuramiyuki:20200729220808j:plain

…言葉に ならない…

 

これもまた、ひとつの「販」!?

 

 

言葉にならない その6)眠れない

 

f:id:sakuramiyuki:20200729221548j:plain

f:id:sakuramiyuki:20200729221608j:plain

夏はほんとに、体に負担のかかる季節ですね…

 

とまあ、個人的な事件簿は

いろいろありましたが、

 

やはり、7月の「言葉にできない」で、

今だに「なんでかな? なんでなの?」

とつぶやいてしまうことは…

 

やっぱり春馬くんが亡くなったことでしょうか。

 

私は、飛び抜けて好きな俳優さんは

いないのですが

(しいて言えば、仕事で輝いている人や

 俳優さんはみんな好きだ)

 

春馬くんはかつて、ドラマで

「さくらさん! 好き!」と

名前入りで胸キュンなセリフを言ってくれた

方なので、その後もご活躍を、なんとなく

見守ってきたのです。

 

そのときの記事↓

空想のさくらちゃん | 東京イラストjournal

 

春馬くんが亡くなって、

芸能人の近しいみなさんは、

「天国で見守ってて!」とか

「あの笑顔を忘れません」とか、

「お前の分もがんばる!」とか、

コメントされていますが、

 

一般人の私としては、なんとも、

言葉にできない感じです。

 

その昔、田宮二郎さんや、沖雅也さんや、

岡田有希子ちゃんとか、

自殺された芸能人がいましたが、

どの方も、ブラウン管を通して見ても、

目だけ笑っていないのがわかったりして、

何となく暗いものを抱えていらっしゃるのが

わかる方たちでした。

 

でも、春馬くんは…

 

本当にそれを見せなかったなあ…と。

 

だから、やっぱり、なんだか穴が

ぽっかり空いてしまう感じです。

 

天使になっちゃったの? どうして? と。

 

スミマセン。

ちょっと話題が暗くて。

 

でも、私は、春馬くんについては

「どうして?」「どうしてなの?」と

これからも問い続けたい。

 

それが私の、春馬くんへの弔いの思いです。

 

ごめんなさいね。

では、最後はちょっと軽いネタを。

 

 

言葉にならない その7)

半沢直樹の「古田新太」!

 

先日、『半沢直樹』を初めて見ました。

 

面白い!!

 

(以前、イラストのお仕事で書かせて

 いただいた『半沢直樹』です↓ 

 今見ると、あんまり似てないなー笑)

f:id:sakuramiyuki:20200729233708j:plain

 

今回見てみて、

「なるほどな〜」と人気のワケも

納得だったのですが、

ストーリーは、完全な「勧善懲悪もの」で、

悪者が悪ければ悪いほど、盛り上がるという、

実にわかりやすい内容になっているんですね!

 

基本的には、出てくる方は、ほとんど

信用できない、クセのある悪者で、

南野陽子さんも、市川猿之助さんも、

香川照之さんも、皆さん、

演技もセリフ廻しも「最高!」なのですが…

 

誰よりもすごい人がいました。

 

それは…古田新太さん!!

 

お顔がめっちゃこわいです(笑)

 

目立つ演技はまったくしていないのに、

顔だけで怖いなんて、もう〜、反則ですよ〜。

目が離せません!

 

 

そんなわけで、今年の夏の後半戦は、

半沢直樹2」を楽しみに、

乗り切りたいと思います♪

 

f:id:sakuramiyuki:20200729234722j:plain

何があっても、夏はくる。

えい、えい、おー!