新・東京イラストJournal

イラストレーターさくらみの日常絵日誌

空間に、満つるもの

f:id:sakuramiyuki:20210305104612j:plain

お茶室にお伺いするのは

久しぶりでした。

 

f:id:sakuramiyuki:20210305104713j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20210305104737j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20210305104726j:plain

 

 

床の間のお軸は

「花 弄 香 満 衣」(太玄老師)

 

花、弄すれば、香り、衣に満つ。

 

お花は、

「啓翁桜」「菜花」で、

「ああ、春が来たんだ」

と実感しました。

 

春…そうなのです!

 

f:id:sakuramiyuki:20210305112442j:plain

 

お正月からずっと入院中だった、

奥さまがお戻りになりました!

 

(イラストのようなお着物は、

 まだ着ておられませんが)

 

うふふ♪ よかったぁ!!!

 

f:id:sakuramiyuki:20210305112622j:plain

 

お茶室って、本当に

不思議な空間です。

 

この冬は、

いろいろなことがあったのに…

 

何も変わらぬたたずまい。

 

移り変わる四季を、

かわるがわる、まといつつも、

 

十年一日のごとく、

「時間」を超越しているのです。

 

f:id:sakuramiyuki:20170226221312j:plain

 

時空を超えた永遠の「無」。

 

ぽっかり空いた

お茶室の、その「空間」に、

 

何かがひたひたと、

満ちていました。