新・東京イラストJournal

イラストレーターさくらみの日常絵日誌

グルグル思考してますね

何かをコントロールしたがっている時、

人は頭の中で、グルグルと考えを

めぐらせます。

 

でも、残念ながら、コントロール

できない。

 

何故なら、

コントロールできないからこそ、

混乱して、頭の中だけで

グルグル回してしまっているのだから。

 

そのグルグルから離れないでいると、

どうなるのか?

 

その回転は、ますます速くなり、

巨大な渦になって、自分を

飲み込んでゆく。

 

流れはよどんで重くなり、

ズーンと自分をひっぱって

底へと沈んでゆくでしょう。

 

でも、人間とは不思議なもので…

 

そうすると、ますます自ら、

その渦(グルグル)にしがみつき

たくなるんだよね。

 

なんとかしたい…!

 

なんとかしなきゃ…!!

 

ああ、大変!

しがみつこうとすればするほど、

空回りして、

沈んでゆくだけなのに。

 

ちょっと待って。

 

「もっともっと、何かしなくちゃ

 いけない!」

と思っている時、

それはただ、いたずらに、

自分の欠けを増幅しているだけ。

 

不安や苦しみって、

取り除こうとすればするほど、

かえってそれを、

ギュッと握りしめている状態に

なっているんだよ。

そのことに気づこう。

 

そもそも、「どうしたら良いの?」

と思っているとしたら、

それは何かをコントロールしたがって

いる証拠。

 

コントロールしたい時ほど、

コントロール

できなくなるものだから…

 

コントロールは手放そう。

 

グルグルすることについては、

もう一切考えない。断ち切る。

 

頭の中のおしゃべりを、

ただちにやめて、

何か他の、自分が楽しくなることを

考えましょう。

 

大丈夫ですよ、考えなくたって。

 

だって、その渦に、元々「実態」は

何もありませんから。

しがみつこうとしたところで、

掴めるはずがないんです。

 

でも、考えないなら、

何をすれば良いのか、って?

 

流れに任せるんです。

 

時間に任せるんです。

 

そして自分は、

目の前にあることに、もっと

シンプルに幸せを感じていること。

 

あとは、のん気に、鼻歌でも歌って

過ごしましょう。

 

全体の流れを信頼して、

とにかく元気に過ごしてみる。

 

たったそれだけで、あなたは

すぐに軽くなり、気づけば

身軽に動けるようになっています。

 

すると、いつの間にか、

あんなにこだわっていたグルグルも、

自然にほどけてゆくんです。

 

ところが、これがまた、

なかなかできないと

おっしゃる方も…。

 

だってね、何もせずに、

ただ、流れに任せるなんて…

ただ、時間に任せるなんて…

そんなこと言っている余裕は

ない。自分にはできない。

 

そしてまた、思考の渦が

グルグルグルグル回り出す…

 

それ、グルグル中毒です。

 

道は、自分が軽くなった時、

自然とひらけます。

 

「幻」の渦を手放して、

身軽になったとき、

 

今度はひらめきや行動が、

新しい風を起こして、

自分を自然な流れに載せてくれる。

 

身軽になった時、

小さな小さな「できること」が

見つかって、

そこから流れができていく。

 

本当に、

そういうものなんです。

 

グルグル思考は、ただの「自我」。

バイバーイ!って、

手放しちゃって、大丈夫ですよ。

 

そしてね、

あらゆる出来事は、どんどん変化

してゆきます。

 

たとえ向こうから、

自分をこわいと思わせる「何か」が

やってきても、大丈夫。

 

コントールはいらない。

掴んで、グルグルしなくていいのです。

 

その出来事は、ただ、自分を

通り抜けていくだけ。

 

すべてはただ、今ここにあって、

どんどん変化していきます。

 

だから、掴まなくていいのです。