新・東京イラストJournal

イラストレーターさくらみの日常絵日誌

チリチリから、イキイキへ 小さなセンス・オブ・ワンダー

初雪かずらがチリチリに…

 

これは、私のせい…!

 

昨日は、朝、

非常にバタついており、

カーテンを開ける余裕が

なかったのです。

 

さらに色々あって、

夕方は内科に駆け込んだので、

家に戻ると、

もうとっぷり日がくれていて、

カーテンを閉めたまま、

またも外を見るのを

忘れてしまった…という次第。

 

おそらく、あの猛暑で、

水分が干上がって、

すっからかんになってしまった

のでしょう。

 

それにしても、こんなに葉っぱが

カラっカラになるまで

干上がるなんて、

かつて無かったことだな…

 

とにかく、猛省し、

かずらたちを

家の中に一度上げてみて、

じっくりと検分。

 

すると、

すごいな!と思ったのは、

ちゃんと生きた枝葉が「半分」

残っている!

 

そして、

チリチリになった葉っぱは、

「枝ごと切れそう」な感じ。

 

つまり、枝によって住み分けて、

生命を維持する工夫をして

くれていたみたい。

 

ありがとうね。

こんなだらしない家主に、

文句も言わずに、君たちは…

 

 

 

チリチリの枯れ葉は

かなりの量になりました。

 

でも、枯れ葉になっても、こんなに色が

キレイでうっとり。

 

同時に、火をつけたら、

すごくよく燃えそうでもあり…

 

山火事が起こる仕組みがちょっと

分かった気して、こわくもなりました。

 

さて、

スッキリした初雪かずらたちは、

お水をたっぷり飲んで、イキイキ!

 

こっちの子は、秋でもないのに、

随分赤くなっちゃった。

ほんと、ごめんね。

 

ちなみに、「初雪かずら」の

名前の由来はこちら↓

新しい葉は、色が白いんです。

雪をかぶったように見える。

この鉢は白よりベビーピンクが

多いですが。

 

一鉢で色んな色が楽しめるところも

大好きです。

 

他にも、うちの小さなベランダでは

生命の神秘が広がっていて…

 

 

アスパラガスとは、

あのアスパラガス。

こんなかわいい、線香花火、

または金平糖のような可憐な花が

咲くんですよ。

 

そして、初雪かずらの鉢の中には

もう一つ宇宙があって…

 

それがこの苔

うわお、いい苔じゃないですか?

 

拡大すると、もう

どう見ても、森にしか見えない。

ちょうど先日twililightさんで買った

センス・オブ・ワンダー

レイチェル・カーソン、森田真生著、

 筑摩書房

で、苔に注目する著者と甥っ子の話を

読んだところだったので…

 

そして、お二人と同じく

「これはもはや森だ!」と

見た瞬間に思ったので…

 

東京のわが家にも、

同じ森があることがしみじみ嬉しく、

ずーっと見ていました。

 

「神様の芸術」は、

苔にも、初雪かずらにも、

アスパラガスにも、

 

私の体の中にもあって、

 

宇宙を作っているんだね…

 

宇宙の均衡に貢献するべく、

しっかり水やりしていきましょう♪

 

以上、今日の絵日記でした。