新・東京イラストJournal

イラストレーターのさくらみの日常絵日誌

まっくら大騒動!

f:id:sakuramiyuki:20170830230937j:plain

 

8月のある日のこと、

 

用事があり、日傘をさして、

炎天下を早足で、約25分間、歩いた私。

 

無事に到着して、

ホッとして椅子に座ったとたん…

 

f:id:sakuramiyuki:20170830213658j:plain

 

 

…って、いや、びっくりしましたよ(笑)

歩いているとき、確かに暑くて、

 

「はー… 顔が真っ赤…

 でも、水はちゃんと飲んでるし、

 これくらいは楽勝でしょ、大丈夫!」

 

と、思っていたんです。

 

ところが…

 

 

座ってホッとしたとたん、

頭がグラングランと揺れ出し、

手足がふるえて立っていられなくなり、

わ、わ、わ、何? どうしたの、私?

なんかヤバい…!という状態に。

  

頭をかかえて座り込み、塩をいただいて、

OS−1ゼリーを飲み干し、

うちわであおいでもらって、風の吹く

涼しいところにしばらくじ〜っとしていたら…  

ふぅ〜〜…

徐々におさまっていきました。

 


よく、ニュースで「気づいたら熱中症

なっていて搬送されました」とかって

聞きますが、

 

自分がなってみてわかりました。

 

 あれ、ほとんど自覚のないうちに、

「突然」来るんですね。

 

自分を過信しすぎちゃダメだなー、

やっぱり最近の暑さって、すごいんだなー、

と反省。

 

特に、水分だけじゃなく、塩分もしっかり

摂らなきゃダメなんだと実感しました。

 

周囲の方々には、余計な心配&ご迷惑を

おかけしちゃったけど、

 

いやー、良いお勉強しましたヨ!!

 

もうひとつ。この夏のビックリ体験。 

 

f:id:sakuramiyuki:20170831180300j:plain

 

 

違和感…

 

たとえば地震のとき、本格的に揺れ始める前に、

なぜか、ふっと目が覚めるあの感じ。

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170830221033j:plain

 

みなさん、夜の冷蔵庫が、

扉を開けても、暗いままだったら

どうしますか?

 

 

私は…

f:id:sakuramiyuki:20170830221435j:plain

だって、接続不良なら、揺らしたら

直るかもしれないでしょ?

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170830213301j:plain

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170830213258j:plain

 

f:id:sakuramiyuki:20170831180333j:plain

 

無音って、慣れないと怖いのね…

 

 

 

そう、停電。

 

これは停電なのだ、真夜中の…

 

 

  

で、えーと…次にすることは?

 

そうだ!

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170830213451j:plain

 

すると、

普段は煌々と明るいマンションの廊下も

真っ暗

 

町も、オレンジの街灯は灯っているものの、

それ以外の、マンションやビルは真っ暗

 

やっぱり、うちだけじゃない!

 

 

そのうち、お隣さんや、他の家の人も

窓を開けて確認したり、

ケータイで人と話したりしてザワつき始め…

 

結論。

f:id:sakuramiyuki:20170830213447j:plain

 

夏の終わりの、びっくりショーだよ…

 

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170830213444j:plain

 

しかし電気って、たとえ30分でも、

停電すると、ほんと不安になるし、

差し迫って考えれば考えるほど、

困りごとがたくさん出てきますね。

 

マンションなんか、給水も止まっちゃう。

 

 

電気の素晴らしさ、ありがたさに

あらためて感謝でいっぱいになりました。

 

 

 

問題はこのあとよね。

 

「この停電は、一体、いつまで続くのか?」

 

起きていたほうがいいの?

 

いや、どうせ起きてても

何もできないのだから、寝てしまう?

 

でも…朝、起きたとき、

冷凍庫の食材の溶け具合を確かめたり、

処理する為の時間なんてとりたくないし…

 

 

ああ〜、どうしよう!?!?

 

もんもんとしているうちに、あろうことか、

今度は、パトカーや消防車が、

あの、ゾッとするサイレンを高らかに

鳴らして集まってきました。

 

 

あわわ…よりいっそう物騒な雰囲気に!

 

これは事件?

 

テロだったらどうしよう…

 

 

やがて、

そんな私の不安をあざわらうかのように、

 

響いてきた「金属音」がコチラでした。

 

 

カーン、カーン、ゴーン、

カーン、カーン、ゴーン…

 

…あれっ???

 

f:id:sakuramiyuki:20170830223050j:plain

 

 

大きなかなづち??

 

停電の工事にしては、ずいぶんとまた

アナログな作業なのね…(°o°)

 

と思っていたら、その数秒後、

 

ブウウウウウーーーンン!!!

 

 と、大きな唸り音が響いて

一気に家中の電気がフッカツしました。

 

 

よかった…

 

アナログ、すごいね…

 

 

ふ〜〜…

 

 

f:id:sakuramiyuki:20170831185318j:plain

 

翌朝、起きるのは大変でした。

 

 

 

でも私、結構、感心したんですよ。

 

だって、真夜中に停電してたって、

気づかないまま朝になるってことも

十分ありうるわけでしょ?

 

でも、ちゃんと違和感を感じて

目が覚めた。

 

光なのか、音なのか、

その両方なのか、わからないけど、

「いつもと違う何か」を、たとえ寝てても、

人間はちゃんと感じて、察知できるもの

なんだなぁ…なんて。

 

f:id:sakuramiyuki:20170831181731j:plain

 

 

ところで、先日の早朝の「Jアラート」は、

東京も鳴ったんでしょうか? 

鳴らなかったんでしょうか?

 

ごめんなさい。

熟睡していて、気付かず…m(_ _)m

 

寝ている間に察知なんて、やっぱ無理〜!

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存