新・東京イラストJournal

イラストレーターさくらみの日常絵日誌

旅してきたよ♪(東京以外)

遠野で最終日に起こった、不思議な出来事

こんにちは。 無事に東京に戻って、2日が たちました。 最後の日、出発前に、みんなで 記念撮影をしたのですが、その時、 画材一式と大切な学びのノートを 入れたトートバックを椅子に置き、 そのまんま忘れて帰るという 大ポカをやらかし… 最後までポンコ…

遠野4日目 旅の終わりが見えてきて、今…

美しい夕暮れ時の遠野です。 …で、私は一体、この4日間、 遠野で何をしていたのか、 というお話なのですが、 朝の、6時45分から、 初めて会った5人の人と、 ファシリテーターのもとで、 がっつり、インタビューを 学んでいました。 その方たちは、いつしか…

遠野2日目 ホースセラピー受けてるみたい

遠野2日目。 今日も、相部屋のMちゃんが、 お風呂に入っている間、 あと、パソコンに向かって 集中されている間に、 急いで絵を描きました。 やはり、スリリングだな!笑 (早くもバレそうだけど…) ここには、広大な敷地の中に、 オス2匹、メス3匹のお馬さ…

遠野 火を楽しむ1日目

久しぶりに暖炉の前で、 パチパチはぜる 本物の「火」を見ています。 この時期、東北の山々は、 芽吹きを迎えて、樹の中にも たくさんの水分があり、 それに加えて、夕方、 山の斜面を冷気が降りてくるので、 ものすごい湿度が高くなるのだそう。 その湿度、…

彼の地を目指して、ふたたび…!

岩手県に、賢治先生や遠野物語の 気配を求めて一人旅したのは、 かれこれ20年以上前のことでした。 私の人生には、何度か 「ゼロポイント」と自分で呼ぶ 時期があります。 それはオールクリアボタンを 押したあとの、新しい創作に 深く関わる時期で、 1回目…

旅支度はいつも、カオスの中で…

この一週間、 文章を書く「課題」があって、 楽しくて楽しくて、 どっぷり浸かっていたら、 まったく絵が描けなかった。 左脳(言語脳)から、 右脳(イメージ脳)への移行が どうのこうの、とか、 そんな話では全然なくて、 単に、時間的な余裕がなかった。…

明治神宮と龍神さま

原宿駅に着いたら、森から セミの声が響いてきて… 「あぁ、招ばれている…」 と思いました。 サッと用事を済ませ、 まっすぐ、明治神宮の森へ。 ああ、この高い樹々。 写真だとわかりにくいですが、 スケール感が、 本当に、高く、広く、大きい。 それが明治…

波乗りサンタ♪

12月の海。 波乗りサンタさんたちが、 一斉にわらわらと… 波の音、ずぅっと 聞いていたかったな… お寺の紅葉もキレイでした。 東京に戻ってきたら… 世田谷通りの銀杏並木が 色づいていました。 いいなあ。 12月の街は、色のパレット♪ 追記12月17日ーーーー…

益子旅、おすすめです♪

9月の終わり、益子へ。 益子とは益子焼きの「益子」です。 写真は、陶芸家濱田庄司さんの記念館 「益子参考館」にて。 佇まい、どっしり焼かれた作品や収集品、 素晴らしかったです。 益子は、東京からは

信州、よいとこ♪

(特急あずさの車窓から) (甲斐駒ケ岳) (松本駅から北アルプス方面を見て。 見える中で一番高いのは常念岳) (松本市内の水路) (アルプスの天然水)

お約束ですから…笑

やはり、やはり、 とても美しいお城です、松本城。 黒壁に桜、 雪をいただく北アルプスが背景です。 もちろん、お約束で、天守まで 登りました。 とても混んでいて、 今まで登ったお城の中で、

花咲く旅路

信州松本は、桜が満開です。 そこかしこに欧米人がたっくさん!! (泊まったホテルには、むしろ欧米人の方しかいませんでした) お城もあるし、日本を満喫するのに 人気の旅路コースなのでしょう。

心を動かす(その1 小さな旅)

まぶしかったけど、やっぱり 海側の席で正解。