新・東京イラストJournal

イラストレーターさくらみの日常絵日誌

フカフカの苔に関する仁義なき戦い

久しぶりに、お茶のお稽古に

伺ってきました。

 

そしたら、もう、苔が

フッカフカ!!

 

わー、キレイ…うっとり…

 

でも、このフッカフカの苔を

愛でているのは、

人間だけではないようで、

 

地下では、モグラたちが縦横無尽に

通路をめぐらし、

 

セミの幼虫やさなぎ、ミミズなどを、

捕食しまくっているそうです。

 

で、時々、ボコっと顔を出す!

大きな大きな、土の山と共に…。

 

そのため、苔は無惨にも、

ところどころ、

土から浮かび上がってしまい、

朝から若先生が、何度も何度も

埋め戻しては、

周囲の地面をトントン叩き、

モグラに脅しをかけていました。

 

でも、そんな優しいトントンなんて、

全く効果なし!!

 

二時間とたたぬうちに、

また新たな通路が貫通し…

 

ついには、モグラと若先生が

ご対面してにらめっこという、

すわ、果たし合いか? の一幕も(笑)

 

もっとも、モグラさんは

忍者のようにツツツーっと

速攻で走り去ってしまいました。

 

大先生は、眉を寄せながらも

ニコニコと

モグラとの共存は、なかなか

 難しい…。

 殺虫剤を撒けば、しばらくは

 効くけど、それでセミやミミズまで

 殺してしまうのは困るしね」

とのこと。

 

一見平和で、ウグイスの鳴声爽やかな、

5月の翠のお茶室…

 

その苔の上下を挟み、

果てしない攻防が

繰り広げられておりました。

 

その宇宙の中で私は、

今年初めての

風炉」のお稽古に励みました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日はもう一記事、アップしました。

  ↓

sakura-cafe.hatenablog.com